author : rinrin
ハイヤーセルフと、インナーチャイルドと、アダルトチャイルド
2009-08-12 Wed 19:35
ハイヤーセルフの声は、穏やかで、慈愛に満ち、
そして、静かでありながら、力強い。

その声を聞くと、私は、ハイヤーセルフに、ひれ伏す。
彼女のバイブレーションは、賢者の銀色の光。
ハイヤーセルフの言葉は、
理屈は何も必要ないほど、心に、ストレートに伝わってくる。

インナーチャイルドとは、私自身でありながら、
ハイヤーセルフにつながっている内なる神。
やわらかく、にっこりと笑う。
にぎやかな色を発し、楽しげに、語りかけてくる。

アダルトチャイルドの声は、ざらざらしている。
バイブレーションは、とても、重く、
その言葉は、こざかしい老婆のよう。
飲み込まれると、いっきに、ダークサイドへ、ようこそになる。

本当は、誰でも、聞くことができる、ハイヤーセルフと、インナーチャイルドの声。
それを、邪魔するのが、アダルトチャイルド。
電波障害を起こすように、インナーチャイルドを閉じ込めようとする。
ハイヤーセルフの声も届かなくなる。

しかし、アダルトチャイルドの役目は、もう、終わった。
終わったのだと、知ら示す。

私が、このブログで、「光」と表現するものは、
ハイヤーセルフと、インナーチャイルドのこと。

彼らを感じると、喜びが湧きあがり、涙が、こぼれる。

私の中の内なる神。

その神は、内側に広がり、

同時に、宇宙に広がる。

私であって、私でないもの。

すべては、ひとつ。


by りんりん
関連記事
別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0
<<たったひとつの奇蹟 | 歩いていこう | 回復の過程(支えるもの)第二段階その2【AC】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |