author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
回復の過程(心の奥底にある感情を素直に出す)第三段階【AC】【不登校】
2009-08-16 Sun 00:50
私は、今、とある100均(笑)で、販売業に従事していますが、

そのお陰で、母親と、子どもの会話を、目にすることも多い。


子「あれ、かわいいね~。」「これ、おいしそうだねえ」
「これ、○○ちゃん(妹か、弟)に買ってやれば?」
親「そうだねえ~」と、チラ見して、違う商品を品定めしながら、通り過ぎる親ごさん。
このパターンが一番多いかもしれない。

子どもは、「これ、欲しい」って、ストレートに言えないかわりに、
まわりくどく、母親の同意を求める。
子どもの側は、これまでの生きていた年月の経験で、
ストレートに自分の欲求を母親に、伝えることは、
否定されるだろうと、すでに予想し、それを、会得しているように見える。

欲しいという気持ちを、理解されないまま、
取り残され、あきらめる。

親の方は、もしも、そこで、
「うん、かわいいねえ。」と、同意すると、
子どもが、「欲しい」と、言い出しかねないので、
気づいていても、無意識に同意もせず、否定もせず。

「欲しい」と、子どもが、自分の気持ちを言ったとき、
その子どもの気持ちと向き合うことが、面倒なのかもしれない。

私も、たぶん、子どもが幼かった頃、似たようなことを、やっていたに違いない。

この例は、ただの、店での一こまでは、あるのですが、
おそらく、生活全般でも、子どもの気持ちと、向き合うことを、
避けてしまっているのだろうと、そんなことを感じる。

そうでなければ、子どもは、回りくどい方法で、親に、気持ちを
おずおずと、伝えたりしないだろう、そんなことを思う。

その小さな積み重ねではあるけれど、
もし・・・
幼い子どもが、気持ちをストレートに伝えるということをして、
怒られたり、叩かれたり、否定されたり、馬鹿にされたり、
冷たい視線で見られたり、にらまれたり、
あげくの果ては、おまえの育て方が悪かったと、夫婦喧嘩に発展するならば
子どもは、自分の気持ちを正直に表すことは、いけないことなんだと、
きっと、そう、理解するだろう。

そうして、次第に大きくなっていく過程で、
正直な感情を、押し込めたり、隠したり、捻じ曲げたり、
そして、いつの間にか、自分の心を見失ってしまうのだろうか。

見失った感情の代わりに、一番身近な親の言葉、行為、気持ち、感情を真似ていくしかないのだろう。

もしも、その真似る対象である親が、実は、自分の心を見失った親なら・・・
子どもも、それを、真似るしかないわけですが・・・。

しかし、子どもの心は、大人の出来あがったつもりの、感情より、ずっと、やわらかい。
子どもは、その成長の過程で、子ども自身の誰にも犯すことのできない本来の自我が、親の作った
言葉、行為、気持ち、感情
を、何度も何度も、ぶち破ろうとする時がくる。

これを、思春期と言いますが、
その激しさは、親の作った殻(言葉、行為、気持ち、感情)の厚さに比例するのでは、ないかと、そんな風に思います。

本当なら、思春期という、激しい心の葛藤の時期は、
とても、喜ばしいことなのでは、ないかと、思ったりします。
親の殻をぶち破らないと、真実の自我へ、届かないのです。

その殻が、あまりにも、分厚いと、
外向的な子は、非行という形になるでしょうし、
内向的な子は、不登校、ひきこもり、リスカ、対人恐怖、うつ・・・等々。

もしかして、心を受け止めてもらえないという環境は、子どもにとって、とても、致命的な傷を心に、負わせるのではないだろうかと、そう思います。

このブログでも、自分の経験から、何度も、書いていますが、
不登校や、子どもに問題が起きたとき、
問題は、子どもではなく、親が変わることが、
遠回りなようで、一番の近道なんだと、

そういうことを、伝えていきたいのですが、
ここのところが、どうしても、理解して頂けないことも、
多いと感じています。

この根本にあるもの・・・
親も、子も、「感情」あるいは、「情緒」というものが、
ステレオタイプに、なってしまっている。。。
あるいは、苦手。。。
気持ちを受け取らないように、している、もしくは、気持ちを差し出さないようにしている。
そんな気がします。

たとえば、不登校の子供の気持ちを、受けとめるということは、ただ、単に、「あなたの気持ちが、わかるよ」と言うことではないのですね。
(↑とても、微妙な表現なんですけど、今の文章力では、私には、これが、精一杯^^;)
たぶん、こう、言ったら、子どもから、「お母さんは、なんにもわかってない」と、言われるか、思われるのが落ちなのではないかと、思ったりします。(経験談ですけど)
まあ、そう言われる方が、少しは、ましだと思います^^;
ましてや、いじめられた子どもに変わって、親が、いじめた子を憎いと思うことではないのですよね。
いじめられた目の前の子どもの気持ちを、受け止めることの方が、大切だろうと思うのです。
ついね、相手、憎しになっちゃいますけど、そういうことは、子どもは、本来、望んでいないんだろうと思えます。おそらく、親が、相手憎しになるのは、親の心にある、何かが、同じ状況を呼び覚ますのだろうと、思います。その何かの多くは、自分の親との葛藤の中で、生じたものだろうと、思います。その恨みを、子どもは、ちゃんと、感じて、真似をしているだけです。
不登校の影には、ACあり、と、私が感じる理由です。


話、もどります。
やっと、本題ですね^^;

そういうことで、(どういうことじゃ??(*^▽^*)ゞ)
感情を素直に出す練習というもの、
かつて、私、やりました(*・`ω´・)

いや、そんな、えばッたもんじゃないのですが、
ただ、その時、その瞬間、自分が何を感じたか
瞬間的に、言葉に出すって、やつを、やったんです。

たとえば・・・普段、人のまえでは、絶対言ちゃあいけないような、
禁句を、ばしばしと、出すんです。

人間って、結構、すましていても、
押し込んでいる感情って、表面と違いますよね。
裏と表ってやつです。

ACの人は、本音や、感情をなかなか、出せません。
いえ、うわっつらの感情は、出てきますよ。

幸せ~とか、ふつうに笑ったふりとか、そんなことも、一応、できますけど、
でも、内面と外面の違和感が、苦しいのです。

こんなの本当の自分じゃないって、ちゃんと、真実の心は、知っているんです。
本当の気持ちを、感じないようにしているから、苦しかったりします。

で、その練習で、一番、適しているのは密室・・・笑
車の運転中。
ハンドル握ると人格変わるって・・・
そう、私のことです(爆)
あわわ・・・それほどでも、ないですけど・・・(遅いって)

その後、それが、どんどん、発展?していって、
自分は、きっと、そうとう、性格悪いんだって、思ってしまった時期もありました。まじで。
これは、誰かに、八つ当たりするのとは、意味が、違います。
ただ、出すんです。心の中で、か細い声を出している、声の断片を拾いだし、かき集め、
形にする作業です。

興味深いことに、息子にも、それを、私は、促していたと思います。
いえ・・・、正直に告白します^^;
この点では、私は、息子を誘導しました。はい。自覚があります。

ついに、ある日、ある時期、息子が言いました。
「おれ、すっごく、性格、悪いかも」って。
それに答えて、私は笑いながら、「感情にいいも、悪いもない」って、言い続けました。

さらに、そんな時期を通りこして、まあ、今、怒りも、悲しみも出しつくして、穏やかな(笑)今があります。
といっても、私の天の邪鬼は、そのままですけどね。そんな自分も好きなんで、残しておきます^^
そして、不思議ですね。
負の感情が出尽くしたら、「大好き!」「愛してる!」「ありがとう」そういう言葉が、違和感なく、出てくるようになるんです。
これが、インナーチャイルドの言葉です。
心の底からの、直球の感情です。
なんにも、混ざりッ気なし、MADE IN りんりんの言葉です。
どうぞ、もし、言われた方、迷惑がらずに、素直に、受け取ってくださいませ(笑)

昔は、そういう言葉は、偽善にしか、聞こえませんでした。
表面の言葉でしか、ないと思っていました。

でも、誰の心にもあるんですよ、心の奥底で、ずっと、出番を待っている真実の心が。
見つけ出して、救いだしてくれる人を、ずっと、待ってるんですね。

でも、それが、できるのは、あなた自身しかいないのです。
関連記事
別窓 | AC関連 | コメント:3 | トラックバック:0
<<父親の役割 | 歩いていこう | たったひとつの奇蹟>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-08-20 Thu 00:47 | | #[ 内容変更]
ミーさんへ
はじめまして^^
読んでくださって、ありがとうございました。
お子様方とは、これまで、大変な葛藤があったかとお察しします。
鍵付きのコメントですので、具体的には、お返事差し上げられないのですけど・・・
ざっと、過去記事を読んで頂けたら、多少の参考に、なるかと思います。

ひとつだけ。
感情が分からないことについては、
そうですね。。。
簡単に言いますと、
今、あなたは、何を考えていますか?ってことになります。
今、この瞬間、自分は、何を感じているのか、
ひとつひとつ、掘り起こし、言葉にしたり、文字にしたりすると、
押し込めている感情が、出てきやすいかと思いますよ。

時間がかかり、根気のいる作業ではありますけど、
相手の気持ちをわかるには、自分の気持ちを掘り起こすしか、
ないんじゃないかと、私は、そう、思っています^^

ちょっとだけ、がんばってみてくださいo(*^▽^*)o

興味があられましたら、当ブログ、厳選おすすめリンク(笑)も、行かれてみてください。
ひっかかる気持ち、言葉、見つかるかもしれませんよ^^
2009-08-19 Wed 00:17 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-08-18 Tue 22:21 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。