author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
【不登校】新学期へ向けて 「ひまつぶし」~星の王子様より
2009-08-31 Mon 21:01
「あんたが、あんたのバラの花をとても大切に思っているのはね、そのバラの花のために、ひまつぶしをしたからだよ」


きつね流に言えば、
「ひまつぶし」とは、無償の愛

受け止めること。
見えないものを見ること。


私も、経験しましたが、
不登校の子を持つ親御さんが、持つ葛藤のひとつに、
「子供の要求を受け入れるだけでいいんだろうか」
という迷いあります。
おそらく、皆さん、もれなく、一度は、必ず経験されることだろうと思います。

そんな不安にかられると、
つい、「受け止める」から、「させたく」なりますよね。
特に、新学期をひかえた、この時期。
子供に、ばれないように、巧妙に、しかけをして、
動かしたくなりますねえ。

でも、子供は、そんな大人の心なんて、お見通しなんです。
いくら、もっともらしい言葉で、言い訳したって、わかってるんです。
見透かされているということを、
大人は、もっと、真摯に受け止めなければならないのかもしれません。

それが、わかっていても、乗ってくる、心優しい子たち、
違和感を持ちながら、「させられる」を、「自主的に、する」という形に、
いつの間にか、親に摩り替えられたり、
あるいは、反発したり、
まだ、そんな時じゃないんだと、体の症状で訴えてきたり、
それは、子供の回復の時間によってさまざまだろうと、思えます。


やはり、十分に「受け止める」が、先なんだと
星の王子様の、きつねも、言っているような気がします(笑)

大人であっても、私の気持ちを誰もわかってくれないって、
思うことあるでしょう。

子供だって、そうなんです。

子供の心と、「ひまつぶし」、してますか?


関連記事
別窓 | AC関連 | コメント:1 | トラックバック:0
<<【AC】【不登校】自分を救い出す決意をする | 歩いていこう | 歩いていこう 3>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-09-01 Tue 10:21 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。