author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
【アダルトチルドレン】あなたは、孤独ですか?
2009-09-18 Fri 16:00
ある人に、聞かれました。

「りんりんさん、今、孤独を感じますか?」  と。

しばらく、考え込みました。。。

その時は、唐突な質問に感じて、あやふやな返事で、にごしてしまいました。


ずっと、以前、私が、ブログをはじめた4年前。

その頃の私を、こう、表現してくれた人がいました。

「暗い部屋で、ひざを抱えて、泣いているような感じを受けた」と。




かつての孤独は、私を苦しめた。

誰も、心を受け止めてくれる人は、いない、

私を理解してくれる人は、この世には、いないだろうと、そう、思っていた。

その思考が、なお一層、私の世界を頑なにしていた。


なんのために、生まれてきたのだろう。

なんのために、生きているのだろう。

私は、どこへ行けばいいのだろう。

そうやって、いつも、ひざを抱えて、耳を塞いで、顔をうずめて、眠っていた。


そのころの、私がよく使っていた、象徴として、

丸い玉に、閉じ込められた月の画像をブログでも、使っていた。

icon-moonincrystal.jpg


いつだったのだろうかと思う。
mixiでの画像が、天使の少女が、光を大切に手のひらに持っている、
この画像をいつしか使うように、なりました。


cut_wish_star_w_blue200.jpg

おそらく、心が、少しずつ、開放されていた頃だったのだろうと、思います。


で、今、私は、孤独を感じているのでしょうか?

実は・・・孤独を感じない人は、誰もいないということを、ここ数年で、はじめて知りました。
(信じられないでしょ?ヤレヤレ(´-ω-`))

しかし、昔、私が感じていた孤独と、今の孤独を比較すれば、
全く質が違う気がしています。

かつて・・・感じていた孤独は、身も、心も焼き尽くし、果ては、まわりも焼け野原にしてしまうような孤独。そして、この世で、自分は、一人ぼっちだという、愛に飢え、絶望をともなうような孤独。
または、私が、インナーチャイルドエクササイズの、学童前期で、表現した、丸い鉄の玉に閉じ込められた内なる子ども、または、地獄の餓鬼のような、「欲しい、欲しい」と、喉の渇きを必死で訴えるような、孤独でした。

今は、どうなのだろう・・・?
その問いがあってのち、自分の心をのぞき込みながら、
孤独の質が明らかに、変わっていることに、「あら~」と、気が付き、
なんだか、新鮮な、驚きを覚えました(☆∇☆) キッラ-ン!

穏やかな孤独。
豊かな孤独。
静かな孤独。

なんと表現したらいいのか・・・と、語彙不足で、困ってしまいますけど^^;
慣れていないもので(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

かつて、ある方が言いました。
自立とは、一本の木が、しっかりと、大地に根をはることだと。

表面からみると、一本の木は、一本でしかないのですけど、
土の中の根は、大地で、互いに、影響しあっている。
今は、その豊かな土壌の中の、互いの鼓動が感じられる。

暗いところで、膝を抱えて、泣いていた私は、もう、どこにも、いない。

まっすぐ、大地に立ち、天を仰いで、
手を空に伸ばす。
まるで、映画、シャインのようだね。(あの映画は、感動した)


奪うこと、奪われる世界を脱し、

与える喜びの世界へ。


一人では、あるけれど、ひとりでは、ない。

孤独ではあるけれど、豊かな世界。

私は、そういう風に、生きたいと思っている自分に気がつく。

孤独は、誰の心にも、必ず、ある。

でも・・・

そうだね、いつの頃からか、孤独に、囚われない自分がいることに気がついた。

それでも、昔ほどではないけれど、時々、古い思考に、スイッチが入ることも、ある。

それは、孤独というより、幼いころの、記憶の隅から、

「見捨てられる怖さ」が、強烈に蘇り、発動した時だと、感じる。

それも、また、やがて、変わっていくのだろうと、思う。


いろいろなことを、気づかせてくれて、ありがとう。

合掌(-人-)

関連記事
別窓 | AC関連 | コメント:2 | トラックバック:0
<<【日々徒然】こんな、近くに・・・あった(不登校・ひきこもり支援者のためのブログ) | 歩いていこう | 【アダルトチルドレン】「右」と「左」~自分との和解~>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-09-20 Sun 00:17 | | #[ 内容変更]
Eggiさんへ
拍手コメント、いつも、ありがとう。

私も、ひとりの時間が、好きです^^
ひとりのときは、自分の思考を深めます。

でも、最近は、誰かと、語り合う時間も好きになりました。
ふとした瞬間に、心が通じる時、喜びにあふれます。
新しい経験をしています。

かつての、一方的な依存から、
相互に、協力できる、依存へ変化しつつあるのかもしれません。

Eggiさんも、今、たくさんの人と、
ふれあい、心を豊かにされているのだろうなあと、
遠くから、いつも、応援しています。

遠く離れた場所でも、
心というものは、一瞬に重なれます。

それを互いに、感じることが出来る人がいてくれて、私は、とても、幸せだと、感じます。
2009-09-18 Fri 20:27 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。