author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
心を逃す方法【職場編】
2009-10-04 Sun 20:45
職場で、出勤してきた、学生の子が、
「今日は、情緒、不安定なんです~」と、
どんよりと、していた。

う~ん・・・

「そっか~、なんだか、不安定なんだ」と、返す。

その後、仕事をしながら、その子が、気になりながら、
接点が、もてずに、私が、退勤の時間になりました。

夕方のミーティングが、ちょうど終わったころ、
その子が、泣き出した。

「何か、いらんこと、言ったか!?リーダー!」
と、私が、リーダーのKさんに、目を向ける。

Kさんは、私の無言のテレパシー会話に、「ぶんぶん」と、首をふって、
「ちゃう、なんも、してない」と、言葉にならない、テレパシーを返す。

・・・・

ほかに数人、休憩のスタッフや、仕事が終わって退勤する準備をするスタッフもいて、事務所は、落ち着かない。
私は、一人、その場を去って、事務所の外で、一服。
そこへ、Kさんに連れられて、その子が、外へ、やってきた。

「あ~、こんなとこにいたの~」と、kさん。

(おい・・、わざとらしい・・・知ってただろ、ここにいること^^;)
と、心で突っ込み入れながら、

「うん、いたよ~」と、返す。


3人で、並んで座り、
Kさん、「なんかあったと~?」と、その子に、聞く。
涙を抑えながら、首を横に振る。

「なんか、つらいっちゃんね・・・」と、代弁してみる。


沈黙・・・

う~ん、空気が重いぞ。


Kさん、ついに、ぜんぜん関係のない、家庭のことを話し始めた。(笑)
そこに、ツッコミを入れる、私。

漫才になった。

ちょっと、表情が、ゆるむ感じをKさんと、私は、感じた。

(おお、もうちょっとだ、Kさん!)


しばらく、ボケと、突っ込みで、遊んでいると、(でも、必死)
ついに、その子が、泣きながらも、小さく声をたてて笑った。

(よし、やった!)


「あの・・・実は・・・○○なんです・・」

よかった~、言葉に、できた。


(レスキュー、成功~♪)



自分の気持ちを言葉にすることが、苦手な子・・・
もやもやや、ざわざわの中から、本当の気持ちを、言葉にできるまで、
負の方向に行く気持ちを、逃してやる。

これは、大人でも、同じことだと思うのですよ。

この技は、Kさんと、私と、二人のコンビネーションで、できている。
この数年で、自然に作りあげたものだ。

そこに、至るまで、何度も、失敗している。。。(泣)


私が、外で一服してること、知っていて、
わざと、外に連れ出した、kさん。
必死の漫才も、本気だか、ふざけているんだか、微妙で、
そこには、「あ、うん」の、はずさない呼吸と、信頼関係がないと、できない。

下手すれば、「ふざけないで、ください」と、相手から、怒られるはめになる^^;


私は、いつも、そんな、信頼する誰かが、いてくれる。

kさん、ありがとう。

一仕事終わって、「お疲れ様~」と職場を後にしながら、
励ました分だけ、暖かい気持ちを、もらった、そんな一日。

感謝。

一人漫才は、ちょっと、辛いもん(本音)ぼそっ。
関連記事
別窓 | 日々徒然 | コメント:4 | トラックバック:0
<<【日々徒然】通院日 | 歩いていこう | 【アダルトチルドレン】3.心の基盤(記憶を摩り替える理由)>>
この記事のコメント
ちよこさんへ
そうですか~、
娘さん、遠いところに、いらっしゃるんですね。

娘さんも、きっと、誰かに、見守られていることでしょう。
私も、そう信じたいです。

たくさんの子どもたちが、キラキラした目を失わないよう、誰かに救われたり、反対に、助けたり、そういう豊かな人生を、歩んで欲しいと思います・・・。
2009-10-06 Tue 16:42 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
お早うございます。
暖まるお話、嬉しいです。
癒されます。お二人に、その子がどれだけ癒されたでしょう。遠いこちらからも、風景が見えてきます。
遠く離れている私の娘も、きっときっと
どなたかに、癒され励まされていると思いたいです。
有難うございました。
2009-10-06 Tue 10:25 | URL | ちよこ #-[ 内容変更]
まるこさんへ
>何だか心がほわっとあったかくなりました^^

そうですか^^
誰しも、そうやって、知らず知らずのうちに、見守ってもらったり、あったかい気持ちをもらったり、しているはずなんだなあと、最近、思います。
そういう気持ちを、受け取ってくださって、嬉しく思います。

>うれしいことも悲しいことも、言葉にして
>表現することが増えてきているような気がする
> ので、少しずつ、感情を出せるようになってきてるのかなぁと思ったりしています

そうですね、お母さんの気持ちが、解きほぐれはじめたら、子どもも、同じように、ICを、解放させようとしてきます。
怒りだったり、時には、うれしい気持ちだったりしますね。
これは、まるで、方程式のようです。


>それにすぐ反応し、ついつい余計なことを言ってしまうので

はい、そうですね。言っちゃいますよね~^^
私も、そうでした。

こ、この口が、つい、つい、言っちゃいます・・・。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
先日のメールにつながることですので、
続きは、メールで、お返事しますね^^

もうしばらく、お待ちください~^^;
2009-10-05 Mon 21:19 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
心があったかくなりました
 すてきなお仲間とのお話を読ませていただき、何だか心がほわっとあったかくなりました^^
 私は、その学生さんと同じ立場だったことが、よくありました。
 息子も、小さい頃から感情を表現することが苦手だと、言われていましたが(親は、わかってなくて…。 周りのお父さん、お母さんからよく言われました…。)私も同じだったんですねぇ。
 息子は言葉にできなくて、本当によく泣いていましたが、思い起こせば、私も、クラス1、泣き虫な子で した。
 最近、息子は、うれしいことも悲しいことも、言葉にして表現することが増えてきているような気がする  ので、少しずつ、感情を出せるようになってきてるのかなぁと思ったりしています。
 私は、それにすぐ反応し、ついつい余計なことを言ってしまうので、かなりひんしゅくをかってしまって  ますが…(汗)


2009-10-05 Mon 13:13 | URL | まるこ #aN9AbwgY[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。