author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
【不登校】見守るってどういうこと?
2009-10-09 Fri 18:45
子どもが、不登校に、なったばかりの頃
不登校克服論を書いた本を多量に、読みあさっていた時期がありました。
その中で、どんな本にも、漏れなく使われていた言葉に、
「見守る」という言葉がありました。


で、そこで、さらに、行き詰ったことがありました。

「見守る」って、どんなことだ~~~(。・_・?)ハテ?


「見守る」という言葉を、多量に、使用している割には、どの本にも、それが、一体、どういうことで、どういう状態を示しているのか、書いてないんです^^;


なんでやねん( ̄、 ̄)チェッ


アダルトチルドレン本によくある、「自分を、愛しましょう」という言葉と同じくらい、意味不明・・・でした。

私自身が、成育歴の中で、見守られた経験どころか、褒められた経験さえなくて、どうして、それが、言葉だけで、体感できるのか・・・

さっぱり、ぐるぐる~でした。


今、その頃の自分の記事などを振り返って見直してみると、
一生懸命、もんもんと、考えているのだけれど、
なんだか、得体がしれなくて、さっぱり、つかめなくて、
言葉遊びに、なってしまっている感じがします。

自分が体感してない(と思いこんでいる)ことや、自分の感覚に、無いものを、言葉で受け取り、自分のものにするには、誰にとっても、かなり、難しいことなのではないかと、思います。

文字を読んで、感じて、わかった気分に浸るというのが、当時の私には、精一杯だった気がします。
今であっても、果たして、分かっているのか、わかりませんもの。


見守る・・・


黙って見ている。(無言の修行)
見て見ぬふりをする。(あきらめの修行)
口を出さない。(口を固く結ぶ筋肉の修行)

(どんな修行だよ・・・(-_-;)



じゃあ、向こうが甘えて来たときは、どうする!?

えっと、見て見ぬふり。。。か・・・

なんか、違うかも・・

そうだ、「受け入れる」っていうのも、あったなあ・・・、

いや、待て、それは、甘やかしにならないか?


ん~~~~。

という風に、ちっとも、応用が利かない。


今であれば、オイオイ、違うだろ・・と、自分に、突っ込みを入れたいところだ。

その上、「修行」なので、形だけです。

内側の自分の心は、

(なんで、もっと、○○に、ならないんだ)
(どうして、勉強しないんだよ)
(手伝いくらい、しろよ)
(あたしだって、さぼりたいわ)
とか、邪心一杯。それが、どんどん、膨らんで、

ついには、

「なんで、そんな元気なのに、学校行かれんのや~~~」と、

鬼の爆発~。どっか~~~~~ん!

で・・・・

子どもは、リストカット・・・


お決まりの自己嫌悪・・・ああ、撃沈__(_ _;) ウゥ

私って、最低の母親・・・o( _ _ )o ショボーン

という、無限ループに、はまっていました。



(がんばったよね、よしよし・・・>あの頃の私)




で、辿り着いたところが、

これは、感覚でわかるしか、ないのかもしれないと、

最近、思うことが、多くなってきました。



自分の中に眠っている、暖かい記憶、

誰かに、優しくしてもらった記憶、

受け入れてもらった記憶、

自分が、人に喜ばれた記憶、

その眠っている記憶たちを、掘り起こす。

そして、インナーチャイルドと、その記憶を共有する。
(アダルトチルドレンの、記憶の時系列は、ほんとに、ばらばらなんです)

自分への暖かい眼差し。

自分を、愛する気持ち。

ありがとうの気持ち。

それが、自分を救い出すことに、つながるのではないでしょうか。

そんな過去の、暖かい気持ちの掘り起こしが、

チャイルドを癒していくのではないかと・・・


なかには、辛い気持ちの掘り起こしも、あるし、
圧倒的に、辛い気持ちの方が、多い。
私もそうでしたから、よくわかります。

けれど、人には、辛い記憶に埋もれた、暖かな記憶というものが、必ずあるのだなあと、最近気づかされます。

そうでないと、辛い気持ちばかりであったなら、今頃、私は、こうして、生きていないと思うのですよ。

生きているには、きっと、なんらかの、かすかな、ぬくもりが、どこかに、あったはずだと。

そんなことを、思います。

そういう暖かさ、ぬくもり、

それらが、「見守る」ということと、つながってくるのでは、ないかと、思うのです。

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚

今、戦っている方々へ、贈ります^^

関連記事
別窓 | 不登校を考える | コメント:2 | トラックバック:0
<<【アダルトチルドレン】全ての内なる子どもへ | 歩いていこう | 【日々徒然】補完計画・・・その1(*・`ω´・)>>
この記事のコメント
まるこさんへ
そんな・・・たいそうなこと、書いてないので、
気楽に、読んでね。(笑)

そんなもんか~、へえ~、
ってな感じで^^

メールのお返事、もう少し、待ってね~^^;
じっくり、読み込み中(汗;)
2009-10-11 Sun 19:13 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
私にも…
りんりんさんの書かれていること、ものすご~く、わかります。
私も、同じようなことを経験してきました。
いやいや、私は、まだまだ「現在進行形」ですが…。

でも、私にも「辛い気持ちに埋もれた、暖かな記憶」が、きっと、あるんですよね。
今、思い出されるのは、悲しい記憶や、辛い記憶ばかりのように思えるのですが、確かに、辛い記憶ばかりなら、私も今、ここにこうして生きてはいないのでしょうね。
また、ひとつ、大きな「気づき」をいただきました。
いつも、ありがとうございます^^

2009-10-09 Fri 23:37 | URL | まるこ #aN9AbwgY[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。