author : rinrin
【アダルトチルドレン】心の基盤 5.穴掘り名人
2009-10-16 Fri 13:05
記事内容に、画像を追加致しました。

         .。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚

最近、自分の中で、とても、ヒットしている言葉があります。

「穴掘り名人」


穴掘り名人、自称6級の称号を持つ、りんりんさん(* ̄∇ ̄*)ぽっ。
(褒めてない、ほめてない・・・からさ)

かつて、やみくもに、掘りまくっておりました。

ふと、巣穴から出て、外を見渡してみれば、

周辺は、巣穴の跡だらけで、足の踏み場もなくなって、

さらに、自分の掘った穴に、足をとられて、こけ続け・・・

集中豪雨で、流された穴・・・

途中で、大きな岩盤にぶち当たって、放棄した穴・・・

地盤が、落ちてしまった穴・・・

水脈にぶち当たって、ぷしゅ~っと、クジラの噴水のように、放り出された穴。


その穴の数は、数知れず・・・

つわものどもの、夢の跡・・・ですねえ。笑



そんな苦節うん十年の、輝かしい歴史!


だから、穴ほり名人・・・なんすっけどね(爆)



「あれ、私、何を掘っていたんだっけ~( ̄▽ ̄i||;;)あははは~・・・」

という・・・そんな、笑うに笑えない過去・・(´・ω・`)ショボーン


で、穴掘りして、果たして、黄金は、出たのでしょうか。。。

正直に申します。




出ませんでした。



まじで!?Σ( ̄ロ ̄|||)



マジっすよ。。。(汗;



ただ、心の体力は、付いたと思います。
あきっぽい私が、これほど、熱中したことは、今までなかったことでしたし、存分に、自分と、向き合える時間は、私には、とても、必要なことだったと、感じています。
また、そういう時期に、出会った方々、仲間、言葉、触れ合いが、今、私の中に生きていることを思えば、無駄ではなかったと思えます。

また、当時は、それまで、溜まった負のエネルギーを、放出するために、穴掘りするしか、無かったのではないかと、思っています。怒りのパワーだけは、破壊的に持っていましたしね。
人は、エネルギーの保存容量には、それぞれ限界があると思うのです。
一生、出さずに、持ち続けることなんか、到底不可能なのではないかと思います。
だから、私は、40数年貯め込んだ、負のエネルギーを、どこかの時点で、思い切り吐き出す必要が、あったのでしょう。
それが、穴掘り・・・しかも、名人級・・・って。。。

今、こうして、過去の自分を、面白いなあと、素直に笑える自分が、
なおさら、面白く感じます。

そういうわけで、探し求めていた、金貨は、見つかりませんでしたが
その道中で、触れ合った、人の暖かさが、私には、金貨以上に、必要だったのだと、思います。


そして、ある日・・・

qcbf1l00000096qm.jpg




自分の、泥だらけの顔と、手を見ながら、

えへへ~、なんだか、気が済んだ~

と、子どものように、思ったころからでしょうか。
これが、私の節目・・・、転換の時期だったのだと思います。


その後、次第に、過去と、現在のつながりを、考えるように、シフトしていったのだろうと、感じます。

過去と、現在。

点と点をつないで、記憶のつながりを、線にすること。

インナーチャイルドに封じられた過去の心の縛りと、現在の自分につながる、思考の癖。

そのことは、ほんの最近、明確にわかるように、なってきました。


次回の記事では、対話形式と、具体例を、使って、

できるだけ、わかりやすく、りんりんさんの体験を、

書いてみますね。

関連記事
別窓 | AC関連 | コメント:2 | トラックバック:0
<<【アダルトチルドレン】心の基盤 6.消しゴムの記憶 | 歩いていこう | 【人は、助けられたものに、なろうとする】>>
この記事のコメント
お返事、遅くなりました
>でも、泣きたいのに、涙が出ません。

誰でも、自分の物語を、持っているものです。
まるこさんは、まるこさんの物語で、きっと、涙を流すことでしょう。そんな日が、いつか、誰にでも、訪れることだと、思います。

>そして、せっせと穴掘りをしながら、「心の体力」をつけているような感じもします。

ダイエットと同じなんでしょうね^^
日々の積み重ねが、いつか、あふれるときが、来るものなのでしょう。
リバウンドもありますしね^^;

>そこに気づかせてくれたのは、他でもない、息子だったんだと思います。

そこに、気づかれた・・・すごいことではないでしょうか。
私も、長い長い親子の歴史の中で、子どもから教えてもらうことばかりです。
きっと、これからも、そうでしょうね。

>でも、その時間って、自分にとって、きっと必要なもの…なんですよね…。

そうですね、それは、後になって、わかることなのでしょう。バラバラのピースが、はまり始め・・・
あれが、あったからこそ、今の自分がいる・・・と。
自分でしか作れない、自分の宝物ですね。
どんな、宝物になるか、誰にもわかりません。
いつか、見せてくださいね。
まるこさんの、宝物。
2009-10-18 Sun 21:26 | URL | りんりん→まるこさんへ #-[ 内容変更]
深い深いお話です
りんりんさん、こんにちは。
深い深いお話に、涙が出そうです。
でも、泣きたいのに、涙が出ません。
この頃、少しずつ感情が出てくるようになってきたのかなぁと、思ったりもするのですが、まだまだ心の奥深くにしまわれて、出られる日を待っているような感じです。

今は、穴掘りのまっただ中で、自分の周りは、穴ぼこだらけ…のような感じがします。
そして、せっせと穴掘りをしながら、「心の体力」をつけているような感じもします。

息子は、小さい頃から、すぐにすねるし、泣くし、あきらめるし…
私は、息子のことを「精神的に弱い子。どうしたもんだろう。」と思ってきましたが、いやいや、そうではなくて、私が、そうだったんですねぇ。
そこに気づかせてくれたのは、他でもない、息子だったんだと思います。

私の穴掘りは、まだまだ始まったばかり…
りんりんさんのように、振り返ることができるようになるまでには、莫大な時間がかかりそうです。
でも、その時間って、自分にとって、きっと必要なもの…なんですよね…。



2009-10-16 Fri 17:18 | URL | まるこ #aN9AbwgY[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |