author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
さらさらと・・・
2006-11-23 Thu 14:12

握りしめていた怒りを、無作法にも突き出した。

血のしたたる心の臓をお皿に乗せて、

子鬼の心で、さあ、召し上がれと。


疑心で、捧げたお皿。


しかし、だけれど、

さっくりと、受け取られた。

あっけないほどに・・・そして大切に。


「愛」には叶わない。


試し、怒り、疑惑、すべて、

わかっていながら、慈愛で包む。


やっぱり、かなわない。


ちょっと、かなわない。


手の中に握りしめた固い石ころが、

砂になって、こぼれていく。

細かく、小さな粒となって、手の中から、

滑り落ちていく。

さらさら、さらさらと。

小気味良い音を奏で、消えていく。

瞬間の想い、

心深く、通り抜けていく。



降参です。。。




直接言うのは、恥ずかしくもあり・・・

関連記事
別窓 | 日々徒然 | コメント:0
<<ある物語 | 歩いていこう | カイのこと>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。