author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
犬がいなくなった日【はじまりは わんこ】
2010-02-10 Wed 08:32


ちょびが、亡くなって、ちょうど二年になりました。
もう、インシュリン注射も打つ必要もなく、
散歩も必要なく、
犬のいない生活が、2年過ぎたということです。

闘病生活だけが、大きく記憶に残っていますが、
ちょびのぬくもりは、いまだに、家族にいろいろなことを
伝えてくれていると思います。

phototyobi-5.gif
   
      


phototyobi-6.gif


17年ほど前に、ちょびはうちにやってきた・・・
1歳になったばかりのちょび、
子どもたちと一緒に散歩した公園。たんぼの道。

phototgallarytyobi-11.gif

今は、もういないけれど、ちょびにたくさんの
人と人のつながりをもらいました。
そして、それは、今も、私の宝物になっています。
もう、写真も増えることはありませんが・・・
いつまでも、ちょびをわすれないでいてあげることが、
残された者が、唯一できることなのでしょう。

そして、私にできることは、ちょびの残したものを忘れないでおくことなのでしょうね。




二年前のあの日、私は、愛する犬を「安楽死」させました。
回復する見込みのない状態、苦しみ泣き叫ぶ犬に
自然死という選択は、出来なかったのでした。

とうに、覚悟ができていたとはいえ・・・
悩みぬきながらの、苦渋の決断でした。

私の手の中で、静かに呼吸がとまる、ちょびの息づかいを
いまでも、はっきりと思いだせます。

これは、私が覚えていなければならない記憶だと、
いまでも、思っています。
それが、命を引き受けた者の、重みだと思うからです。

あのとき・・・犬のHPを通じて知りあった、
多くの方から、お悔やみのメッセージを頂きました。
ちょびが、HPを通じて、つないでくれた、暖かい人と人の輪でした。
ひとつひとつのメッセージを泣きながら読んだことを思い出します。

今でも、私の、原点は、犬の闘病HPにあると思っています。
もう、訪れる人も少なくなってしまったHPですが、
あの数年間、私は皆さんに育てて頂いたのだと思っています。
そして、いつもみなさんに、甘えさせてもらっていましたね、私。

たとえ・・・、今こうして、偉そうに不登校や、心の問題を書いていても、
私の中では、やはり、ちょびがすべての始まりだったのだと思っています。
今は、掲示板しか動いていないHPですが(汗;
あのころ・・・一生懸命だった私が、あそこにいます。
私が、「ひいらぎ」と名乗っていた頃です。

あの頃・・・愛情を下さった皆様へ・・・心からの感謝をこめて。

ありがとうございました。

ちょびも、私も、幸せです^^



ちょびの3回忌によせて。2月11日


by ひいらぎ
関連記事
別窓 | わんこ | コメント:11 | トラックバック:0
<<愛着【忘れてしまう理由】 | 歩いていこう | テルーの唄>>
この記事のコメント
イチャリバオハナさんへ
こんにちは、オハナさん。
はじめまして。
こころ✿さんのところで、いつも
お見受けしておりましたe-267

HPの闘病日記の方、読んで下さったのですね。
ありがとうございました。うれしいです♪

>心穏やかでいられるように、「今この瞬間」を大切に一緒に過ごす時間を楽しむことにしています。

オハナさんのブログには、辛いことを乗り越えて、
傷ついた心をあったかく包む
やさしい気持ち感じましたUo-ェ-oU ポッ♪
わんだちゃん、ふくちゃん、ローズちゃんの、ほのぼのラブリー生活、
オハナさん、幸せそうです^^
わんだちゃん、目が見えないのでしょうか?
ちょびも、最後の5年は、白内障のために、盲目でしたけど、
見える時より、ずっと、親密になれましたe-266

> ステキな想い出をいっぱい~りんりんさん家族に残していったちょびちゃんにここで出逢えたことに感謝です(^-^)

ありがとう^^
訪問、かきこ、ありがとうですe-420
嬉しかったです^^
2010-02-14 Sun 13:58 | URL | りんりん→イチャリバオハナさんへ #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-02-12 Fri 22:13 | | #[ 内容変更]
レオンママさんへ
アルくんの、記事を全部読ませてもらいました。
ただただ、涙がこぼれて、しょうがありませんでした。
画像の表情、ひとつひとつに、
アルくんの、穏やかさが現れていました。

「病者が、病者を癒す・・・」

レオンママさんの、この言葉に、泣かされました・・・。

10年という月日・・・家族の痛みと共に過ごしたアルくんと、同じように、家族の再生を見届けるように亡くなったちょびと重なりました。

書いて下さって、ありがとうございました。
アルくん、きっと、ちょびと、一緒ですよ^^
この同じ時期に、思いを寄せた犬たちですね。
素晴らしい記事でした。心から感謝します。

Eggiさんとの、出会いがあって、さらに、
アルくんの存在の意味が、深まりましたね^^
2010-02-12 Fri 18:29 | URL | りんりん→レオンママさんへ #-[ 内容変更]
ちえさんへ
ちえさんの、「ダーちゃんといっしょ」しばしば、訪問してます。犬と散歩~、いいなあ~って思います。
そう思いながらも、今は、楽ちん生活も手放せなくなってしまいました(笑)でも、時々思います。今なら、どんな、子(わんこ)育てできるかなって。
今なら・・・幸せわんこ同盟に入って、わんこブログを張り切って作って、カーミングシグナルの宣伝部に所属してる気がします(笑)
な~んて、妄想で終わりにしてます。
今は、ちょびの残したもので、満たされている気がします。
2010-02-11 Thu 14:53 | URL | りんりん→ちえさんへ #-[ 内容変更]
見てきました
ピッピさんのサイトを訪問してきました。
シュウくんや、Eggiさんを通じて、心の気づきを
深めていかれているお姿に、じ~んと来ました。

「飼い主さんの無意識が、わんこさんに問題行動として
現れてくる」と私もそう思っています。
ちょびには、あまりいい飼い主では無かったんですけど^^;
後に、Eggiさんと知り合って、教えて頂きました^^
これは、そのまま、飼い主=大人  わんこ=子ども
って、当てはめても違和感ないなあと思います。

シュウ君とピッピさん、「幸せわんこ」になってね^^
幸せがピッピさんを満たしてくれますように。

虎吉くんも、可愛かったっす。ラブリー♪
2010-02-11 Thu 14:37 | URL | りんりん→ピッピさんへ #-[ 内容変更]
風の実さんへ
こんにちは。
人が、愛犬のことを語るとき、
どのような最後であろうと、
愛する気持ちに、あふれるのだろうと思います。

してあげたかったこと・・・、
心残りのこと、たくさん、私もありましたけれど、
ただ、愛したい、それに尽きるのでしょうか。

わんちゃんの思い出・・・
大切なもの・・・
失ったものだけが、わかりあえる
想いの共有が、風の実さんとできたこと、
とても、暖かい気持ちになりました。

ありがとう。


2010-02-11 Thu 14:20 | URL | りんりん→風の実さんへ #-[ 内容変更]
私の始まりもワンコ、Eggiさんを通してつながったりんりんさんは、ひいらぎさんでしたね。
今、ダーちゃんに助けられています。
寿命を考えると、残された時間は7年くらい。
たくさん恩返しして、最期まで見守っていきたいと思います。
2010-02-11 Thu 00:31 | URL | ちえ #-[ 内容変更]
元気に今、走り回っているシュウベルトやデブ猫の虎吉が居なくなったら、私は生きていられるだろうか・・と考える時があります。

ちょびちゃんは自分が居なくなった後も、皆さんが元気に生きていけるために居てくれたのですものね。生きていく勇気を持たなくては・・自らを奮い立たせる今です。

ぬくもりの記事に感謝です。。。
2010-02-10 Wed 22:11 | URL | ピッピ #BoDklvJU[ 内容変更]
安楽死を決意したりんりんさんが、どれほど辛かったかと思うと涙が出ます。
りんりんさんの手の中で、見守られながら、最後の時を迎えられたチョビちゃんは、きっと幸せだったに違いありません。

私は、愛犬を半年前に亡くしました。
メラノーマで、放射線治療をした末の全身転移でした。

やさしい目で、黙って私を支え続けてくれた犬でした。
覚悟していたとはいえ、あの時ほど辛かったことはありませんでした。

発見が遅れたことや、亡くなる前、声を振り絞って私を呼んだのに、寄り添ってあげられなかったことなど、後悔がいっぱいです。

私も、あの子のことは、絶対に忘れないです。
ありがとう そしてごめんね それだけが伝えたいです。
2010-02-10 Wed 21:11 | URL | 風の実 #6hIm054Y[ 内容変更]
ちよさんへ
はじめまして。
コメントありがとうございました。

身近な方の死に接すると、無力な自分を感じます。
残されたものが、できることは、一緒に過ごした時間を
覚えていることしかできないのだろうなと思います。
ちよさんも・・・お辛かったですね。
「覚えていて欲しい」
きっと、その思いが、縁をつないでいったのでしょうね。

「覚えていて欲しい」「忘れないでいたい」
その気持ちで、人と人の心は、つながるのだと
そう信じたいと思うのです。
2010-02-10 Wed 17:56 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-02-10 Wed 09:58 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。