author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
あの時、何をして欲しかった?【不登校】
2010-03-11 Thu 14:29
あのとき・・・

一番、辛かった時・・・

自傷したり、壁に頭を打ち付けたり、
眠れない夜・・・
泣いた日・・・
学校へ行けなくなったとき・・・


一番お母さんからして欲しかったことは、何?


・・・
・・・
・・・

守って欲しかったんだ



.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚


ここ数年、息子とは、心の話をすることが、かなり多く、

また、流れ的にそういう感じになることも多く、

彼の中から、過去の何かが出てきそうな感じを受けると、

私は、引き出しをすることがあります。


この時は、息子の状態から、戻ってくる答えは予想できるものでした。
彼は、じっと下を見て、しばらく考えていました。
そして、ふと、顔をあげて、

「守ってほしかったんだ」そう答えた。

「何から?」そう聞いてみたら、

「外部の敵から」

「そうかぁ・・・甘やかしてほしかった?」と私。

「そうじゃない。守ってもらうことと、甘やかすことは、違うよ」と息子。

あのころ、彼を守るものは、誰もいなく、
世間や学校や家族は、彼のむき出しの肌に、
針が刺さるような感覚だったのだろうと感じます。
しかし、推察の「だろう」では、あるけれど、
私には、「AC」としての基盤があることにより、
その痛みの感覚を、リアルに実感する。

彼の下への目線を意識しながら・・・その後、
息子が適応指導教室で、最高に尊敬し好きだった先生の話になった。

「厳しかったけど、好きだったなあ」と、

その先生の破天荒で懐かしい武勇伝に、ふたりで花を咲かせた。

その先生の暖かい思い、信頼、厳しさが、
当時の適応教室にあった。

「中間試験は、学校でうけなさい」
「卒業式は、でなさい。」

遠慮のない無理難題を、子どもたちに申しつけながら、
その先生の「思い」を子どもたちは、くみ取る。
そこには、操作もなく、遠慮もなく、ただ真っすぐな厳しい愛情があった。
息子を含めて、全員が信じられないほどあっけなく、中学校の卒業式に参加した。

そして、適応教室の再度の卒業式。
暖かく、ぬくもりに満ちていた。

「みんなとても、優しい子ばかりです。でも優しすぎて傷つくことも多いのです。
 もっと、強くなってください。それぞれの道を。」

泣きながら、そうおっしゃた先生。

それは、親も子も、心にずしんと響いた言葉だった。

卒業の時期・・・春・・・忘れられない思い出。

あの先生の後を、息子は、追っているような気がするのです。




注)過去の嫌な時期を子どもに思い出させることは、
まだ、傷が癒えていない子どもにとって、大変、苦しいことです。
親の一方的な一人満足で、時期を間違ったら過去のできごとが、
フラッシュバックを起こしやすいです。
私も、下目線が長くなったときは、すぐに話を楽しい方向に向けます。
楽しいことや、心が満足で満たされていないと、話せないことなのかも
しれません。
これは、大人も子供も、同じなのだろうと思います。
これまでの、息子との対話から、痛感させられることでした。



関連記事
別窓 | 不登校を考える | コメント:2 | トラックバック:0
<<ハッピーブルーの心【リンク記事の紹介】 | 歩いていこう | ちょっとだけ【絵本】【子どもの気持ち】>>
この記事のコメント
まるちゃんへ
>「守ってもらうことと、甘やかすことは違う」…

栞を置きまくった甲斐がありました(笑)

息子とのことは、まだまだ、これからが勝負だと
そう思っています。

子どもに、伝える・・・今、この醍醐味を感じています。
2010-03-13 Sat 12:35 | URL | りんりん→まるちゃんへ #SAu5W79E[ 内容変更]
りんりんさんへ
りんりんさん、こんばんは。

「痛みの感覚」…感じています。
そして、息子は、私が感じているこの痛みよりも、もっともっと鋭く深く突き刺さる痛みを感じてきたのだろうと思います。
息子とのことは、まだまだこれからだけど、この頃の息子の様子を見ていて、ほんの少しでも、痛みが和らいでいる部分もあるのだろうか…と思ったりしています。

「守ってもらうことと、甘やかすことは違う」…自分を振り返り、息子さんの言葉がずしりときます。

「暖かい思い、信頼、厳しさ」
「操作もなく、遠慮もなく、ただ真っすぐな厳しい愛情」
私が今、伝えてもらっているもの、そして息子に伝えていきたいものだと感じます。




2010-03-12 Fri 22:50 | URL | まるまるまるこ #aN9AbwgY[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。