author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
不登校になるまで~【心の歪み】(2)
2010-04-05 Mon 12:24
一体、家庭の中で、何が起こっているのでしょうか・・・。

今回は、「心の歪み」について、お話していきます。


私は、不登校当初、病院をめぐり、
「子どもを治す」ことを考えていました。
子どもが学校へ行けるには、何かうまい方法があるに違いない。
「子どもをどうやって学校へ行かせるようにするか」
それしか、頭にありませんでした。

が・・・子どもの状態は、日に日に悪くなるばかりでした。
しまいには、こんなに心配して、手を尽くしているのに、
「どうして、良くならないの!?」と
常識的に考えて、あってはならない「逆切れ」を起こしました。


もし・・・例えば、他所のお子さんが、そういう状態であれば
「ゆっくり休ませてあげたらいいのよ」って
客観的な判断で、知識が無くても、言うことだろうと思います。


しかしながら、この時点で、子どもが起立性調節障害という
「心身症」をあらわしているにも関わらず、
私には、「子どもの姿」が、全く見えていませんでした。


子どもの心のSOSを捉えられない。
自分の子どもに、当たり前の判断が、出来ない状態。


この私の行動を、1つとっても、
母親としての私の心の歪みがあります。


・子どもが訴えてくる姿を受け止められない(何も無かったことにしたい)

・子どもの気持ちを感じられない(感情の封鎖・コミュニケーション不全)

・事実を認めたくない為に、必死で子どもを動かそうとする(doing・操作)

・母親として、世間にどのように見られているのかが気になる(恥・隠す)

・本人が、必死になれば、学校へ行ける。怠けではないか。(共依存)

等々・・・

これらの、心の歪みを、少しだけ紐解いてみましょう。


<何も無かったことにしたい理由>

これは、事実をそのまま受け止めるのではなく、
嫌なことは、見なかったことにしたいという
一種の「すり替え」行動ではないかと感じます。
当然、不登校に直面したこの時点で、私がこのような行動をするということは、
元々から、このような癖が、強くあったということを示唆しています。

私自身、機能不全の家庭で育ったことから、
源家庭で起こった、幼少期の「嫌な出来事」が強烈であればあるほど、
自分の安全な居場所と、自分の存在を脅かされているような感じが
常にありました。
さらに、嫌な出来事が(予期せぬこと)目の前で何度も繰り返される
その状況が、自分ではとても避けられないものであった時・・・

人は無意識に自分の心を守るために、
「これは大したことではないんだ」と
「すり替え」をするようになります。
簡単に言えば、「本当の事実と気持ち」を別のものへ置き換えることで、
自分の気持ちを防御していきます。


そうすることによって、何かのっぴきならない事態が起こったとき、
自分自身の思考が、この「心の歪み」によって変換され
さらには、歪みのフィルターで得た情報を、
自分の本当の気持ちだと勘違いしてしまうことになるのでしょう。

この心の歪みは、幼いころから身に付けたパターンであるため、
大人になっても、「無意識の癖」として残り続けます。
そうして、子育て中や対人関係で、
歪みのフィルターを通して情報を受け取っていきます。

このような事から、日常生活においても、子育て中においても、
子どもにとって当たり前の行動である「泣く」「怒る」
という様な子どもの感情の発露は、母親の私に激しい不安を起こさせるため、
それを「放置・無視」という形で子どもに反応を返していました。
そして、次の日は、何も無かったことになる。

リセット症候群とも言っていいかと思います。


子どもは、本来、感情豊かで、失敗を知らない生き物です。
しかし、前述のように、「無かったことにする」という行為が、
イコール「感情を感じるな」という、心を封じられた状態に
余儀なくされることにより、生き生きとした感情の発露をふさいでしまった。
感情を封じられた子どもは、当然生き辛く感じるのではないでしょうか。

この繰り返しで、負の感情をないがしろにされた子どもたちは、
自分自身の負の感情を、誰にも受け止めてもらえないまま
1人で、抱え続けていくことになったのでしょう。
そうして、心を閉ざしていくのだろうと感じます。
このような、「感情の封鎖」は、家庭内で、親から子へ伝わっていきます。



*現代の社会は、かつての、ゆるやかな社会ではなく、
人とのつながりが、大変希薄で閉鎖的であるのだと感じます。
そして、家庭では、感情を封じられた母親が、子ども達に、
気持ちを封じることを連鎖させることによって、
そこには、二重の重さを抱える子どもの姿が
不登校・ひきこもりが増える現状と重なるような気がしてなりません。



その「社会」の母体となる「家庭」が、
何か、得体のしれないものに、脅かされつつあるのではないか?
私は、ひしひしと そう感じるのです。


*昨今では、このような家族の関係(世代間連鎖)のひずみが、
不登校やACに、大きな影響を及ぼしていると、
カウンセリングの現場でも、心ある方々によって浸透しつつあります。


物事には、原因と結果があると言われます。
しかし、原因探しをすることは、意味がないとも、言われます。
私もそう思います。

が、この本当の意味は、言いかえれば、
「原因探しを外に求めても、何も解決しない」
という意味だと私は思っています。

例えば、車の故障でも、
どこが悪いのか、検査し点検し、修理をしなければ
車は、動き出しません。
ブレーキをよく踏む人の車は、ブレーキパッドの摩耗が激しい、
車を街中で、細めに利用する人は、タイヤの摩耗が激しい。
青空駐車場では、塗装のくすみが早い。
そういうものかもしれません。

車と子どもを一緒にするなと、怒りを買いそうでもありますが、
そうなるには、そうなるだけの理由があるということ、
今一度、考えて頂きたいと感じます。


本当の原因を知ることは、解決への勇気ある一歩ではないでしょうか。


ただ、私も長年の葛藤の経験から、
このような心の歪みは、家族の中では当たり前の日常で
無意識に繰り返されていることであり、
なかなか、自分で気づくことは、非常に難しいと感じます。

また、たとえ、気づけたとしても、
自分を責める材料にしてしまうことも、多くあることでしょう。
それも、また「心の歪み」「心の癖」であると感じます。




>>>この続きは、今後出版する予定の本に書きます。
   (きんたろうさんと共著になります)



変換される「心の歪み」・・・

自分では気づくことが出来ない心の癖。

対話によってしか、明確にされない 心の仕組み。

少しでも気づくことで、家庭が暖かいものに変わっていく・・・。

何も自分にくっ付ける必要もなく、大げさな飾り付けもいりません。

小難しい理論も必要ありません。

必要なのは、そのまんまの自分だけ。

本当の自分を、感じてみたいと思いませんか?



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*
  
    りんりん

関連記事
別窓 | 不登校を考える | コメント:28 | トラックバック:0
<<ブログを書く意味(命のリレー) | 歩いていこう | 「なぜ不登校になったのか」その理由(1)>>
この記事のコメント
オリーブさんへ
はじめまして^^
拍手コメ、ありがとうございます。
eggiさんのところから、こられたのですね

お名前は、以前から、存じておりましたよ~。
これからも、どうぞよろしくです~^^


2010-04-23 Fri 23:59 | URL | りんりん→オリーブさんへ #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-04-13 Tue 14:22 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-04-13 Tue 12:48 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-04-12 Mon 09:22 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-04-11 Sun 21:01 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-04-10 Sat 19:17 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-04-10 Sat 08:59 | | #[ 内容変更]
のもりんさんへ
はじめまして。

ブログ、読んでくださって、ありがとうございます。

無限ループから、出れそうですか^^
良かったです~。
何か、お力になれることがありましたら、
声をかけてくださいませ^^

2010-04-10 Sat 07:12 | URL | りんりん→のもりんさんへ #SAu5W79E[ 内容変更]
サキちゃんへ
あはは~、サキピーと、おんなじ名前やったね、
消しといたよ~、むかつくコメ。
リンピーさんは、コメントついているのさえ
気づかなかったさ~(/||| ̄▽)/ひょえ~

今日は、早起きなんやねえ、サキぴー。

肩もみしてくれて、サンキュ!
もう、うれぴかった~。

秦 基博の「 アイ」、サキぴーがずっと前、
教えてくれたてた曲、ようつべで聞いたよ。
お気に入りにいれて、よく聞いてるよ~^^

「ただの一秒が、永久よりながくなる・・・
じんわりあふれる・・・」

そんな瞬間が、あるよなあ~って、そう思うよ。


サキぴーから、いろいろなもの、もらってる気がするよ。
ありがとう。うれしかった。

そうそう、ブログ、見たよ~
デコポンの画像が、涙でうるんだぜ!
2010-04-10 Sat 07:07 | URL | りんりん→サキちゃんへ #-[ 内容変更]
舞子さんへ
舞子さん、こんにちは。

一応、携帯対応のチャット板、
ここ数日ずっと、ひまひまに探していたのですが、
やっと、よさげなものが、見つかりましたので、
トピの方へ、あげておきました。
どうぞ、お使いくださいませ。

ブログは、できるだけ皆さんのを読んでいるのですが、
なかなか、時間が取れないということもあって、
(ひとめぐりして読むだけで、一時間以上、かかってます^^;)
コメントまでは、できにくい状態です。
自分のブログのコメント返しさえも、こんな状態です~。
ほんとに、ごめんなさいです。
2010-04-10 Sat 06:41 | URL | りんりん→舞子さんへ #-[ 内容変更]
fate★
こんにちは、はじめまして、fate★さん
お名前、存じております。
楽天時代から、おみかけしておりました^^
(不登校のお陰でネット歴だけは長いです~)

読んで頂いたうえに、コメントまでm(_ _)m
嬉しかったです~。
また、来てくださいね^^

2010-04-10 Sat 06:06 | URL | りんりん→fate★ #SAu5W79E[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-04-10 Sat 05:27 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-04-09 Fri 23:13 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-04-09 Fri 21:05 | | #[ 内容変更]

りんりんさん
こんにちは。

ごめんなさぃ、
このページは
アタシのケータイからだと
うまく表示されないので

コメントが
入るかどうか解らないのですが
勇気を出して送ってみます。

これでエラーだと
チャット板以上に凹むなぁ(苦笑)

コミュニティーに対する思いと
自分のネガとポジについて
ありのまんま飾らずに
書いてみました。

不愉快な思いを
させてしまうかもしれませんが
目を通してもらいたい!!!!って強く思ったもので‥。

パソコン絡みのものは
やはり参加できませんが
前向きでいたいアタシです。これは本当に。

すみません。

2010-04-09 Fri 15:29 | URL | 舞子。・☆ #-[ 内容変更]
はじめまして
色々さ迷い、こちらにたどり着きました。
fate★と申します。

コメントされている方に知っているお名前があり、おっかなびっくりですが、コメントさせていただいております。
まだ、少ししか 過去ログ読ませていただいておりませんが…実はもう1つのブログの「執着」を読ませていただき、まさに私だ!と愕然といたしました。
だから私は息苦しく、幸せ感が薄いのだと。

何も学ばず、ただ娘達との経験だけで来てしまいました。そろそろ自分自身を解放したいと、強く思います、が、難しいのです。


時々お邪魔させて下さい。突然のコメント、失礼致しました。

(あちらの方で私もブログを書いております)
2010-04-08 Thu 09:47 | URL | fate★ #-[ 内容変更]
稀衣さんへ
はじめまして^^

稀衣さんのブログ読ませて頂きました。
しっかりと、自分の気持ちを表現されて、
大人な感じを受けました^^

18歳(今年18歳かな)といえば、
うちの、不登校な息子と同じ年齢だわ~(・ω・)b


> 親のことをあまりよく思えないんです
> りんりんさんのお話を読んで、
> 親にも色々あるんだろうなってわかったけど・・
> それでもやっぱり親が憎いと感じてしまいます

ですよね^^
今は、憎いならそれでも、いいんじゃないかと思いますよ。
稀衣さんの気持ちは、そのままで。


> でもこうやって私が親を理解したとしても

残念ながら、理解する親の方が、希少かもしれませんね・・・。
こうして、私が親御さんに向けて記事を書き続けるのは、
少しでも、心の仕組みを知って頂きたいと思うからですが。

でも、稀衣さんの、子どもの立場からの率直な気持ちは、
とても、貴重だなあと感じています。
嬉しかったですよ^^

> 親に対してこんな風に思ってしまうのはいけないことでしょうか・・?

いけないことではなく、自然なことだと思いますよ^^
稀衣さんが、自分の心を守ることを優先して欲しいと思います。
親御さんの言葉に、傷つくことも多いかと思います^^;
同じ親として、私も稀衣さんに対してほんとに申し訳ない気持ちです。
ごめんなさいね。

親を責める気持ちもわかります。私もそうでしたよ~。
わかってもらえない気持ちとともに、責めてしまった後の後味の悪さも
感じられているのだろうと思います。
稀衣さん自身が傷つくことがありませんよう心から願っています。

自分の心を守るためには、
気持ちを逃す場所を作ることが大切だと思います。
今、ブログを書かれていますが、ブログを書くこともまた、
気持ちを貯めないことにつながると思います^^
稀衣さんが、楽しいと思えること、安心できる所、
そういう逃げ場所は、とても大切だと思います^^

そうそう、好きな歌手とか曲、ありますか~?
今度、教えてね。
2010-04-07 Wed 15:39 | URL | りんりん→稀衣さんへ #-[ 内容変更]
u-たんさんへ
こんにちは~^^

そうそう、先日お話したとおりですね~。

自分の瞬間の真実の感情を逃していくことにより、
自分が、空っぽになっていく・・・
で、よそから、補充しなくちゃいけなくなる・・・
いたって、シンプルなんですよ~。

「今、何を考えていますか?」
これに、尽きますね^^
2010-04-07 Wed 15:02 | URL | りんりん→u-たんさんへ #SAu5W79E[ 内容変更]
まるちゃんへ
心の歪み・・・
自分の書いた文章を読みなおせば、
けっこうな、ヒントが満載なんだけどね~。

文章は、うそをつきません^^
2010-04-07 Wed 14:59 | URL | りんりん→まるこさんへ #SAu5W79E[ 内容変更]
みどりさんへ
書き込みありがとう^^

みどりさんの今回の記事は、
とっても良かったです~。

お話して、伝えたかったことが、
しっかりと、みどりさんの中で
開いていることを感じさせました。
こちらこそ、感謝です。
ありがとうね^^みどりさん。
2010-04-07 Wed 14:53 | URL | りんりん→みどりさんへ #SAu5W79E[ 内容変更]
ちえさんへ
実はですね~私自身にも、まだフィルターありますよ^^

一方向だけに偏らない、バランス感覚って、大事だなあと思います~。

自分の思考を意識しながら、この捉え方でいいのかなと、
自分に問う熱心な姿勢を、ちえさんから感じます。
多方向からの視点は、心の柔軟性なのかもしれませんね。
新しい風を自分に、入れていくこと、
私も、日々、自分を点検してます~。
2010-04-07 Wed 14:47 | URL | りんりん→ちえさんへ #SAu5W79E[ 内容変更]
Eggiさんへ
私にしては、最近では珍しい、
めったにない、ストレート記事です^^
それでも、何回も推敲して、ドキドキで
アップしましたよ~。

文中リンク、いつかお願いしま~す(^∀^人)
楽しみにしてます。
2010-04-07 Wed 14:41 | URL | りんりん→Eggiさんへ #SAu5W79E[ 内容変更]
はじめまして、稀衣といいます
記事読ませていただきました

私は今年から高校3年生なんですけど・・
親のことをあまりよく思えないんです

りんりんさんのお話を読んで、
親にも色々あるんだろうなってわかったけど・・
それでもやっぱり親が憎いと感じてしまいます

すごくよくわかるんです
親は私に対して、
りんりんさんがお話してくれたような行動をしてるって

そして私もそれを受け継いでるなと思います

でもこうやって私が親を理解したとしても
親は私を理解してくれません

私が苦しいというと、いつも途中怒り出して、
最終的にはいつもキレられます

親は自分が責められていると感じているようです

実際私も親を責めています
それでも、それをどうして受け止めてくれないのだと思ってしまうのです

私はいつも不完全だと感じます
親の私への愛情とかが・・


親に対してこんな風に思ってしまうのはいけないことでしょうか・・?


2010-04-07 Wed 13:48 | URL | 稀衣 #RFv.4sbc[ 内容変更]
ありがとう♪
リセット症候群 に深く頷きました。
私は子どもの頃から、定期的にやってくる引越しという環境の変化で リセットしたくなる 転校生気質 なんだと思い込んでいました。

すり替え の癖。
これに尽きますね。
真剣に向き合おうと思います。
2010-04-06 Tue 17:59 | URL | u-たん #8mQnrvzk[ 内容変更]
りんりんさん、こんにちは。
こちらもようやく桜が満開になりました^^

私、息子のSOSを小さな頃から、わかっていても、見ぬふり、気づかぬふりをし続けてきました。
そして、SOSの原因は、やはり私自身でした。
世代を超えて、しっかり受け継いできたものたちでした。
結果には、ちゃんと原因がありました。

自分の心の癖。
おふたりとの対話から、ずいぶん深いところまで、気づかせていただきました。
それは、自分だけでは、決してわからなかった、気づけなかったことばかりです。
本当にありがとうございました。

「本当の自分」は、「心の歪み」を修正できたら感じられるのでしょうね。
私もいつか「本当の自分」を感じたいです。







2010-04-06 Tue 14:03 | URL | まるまるまるこ #aN9AbwgY[ 内容変更]
りんりんさん、
とてもわかりやすく、話してくださって、ありがとうございます。りんりんさんが、わたしのすぐそばで語りかけているように感じました^^。
りんりんさんに、出会えて、よかったです。
2010-04-06 Tue 07:30 | URL | みどり #vjxjSD1M[ 内容変更]
きんたろうさんと共著で本を出されるんですね。
待ってます~^^

子どもを犬に置き換えて、私は全く同じことをしていましたし、
私が育った環境も、このようだったと思います。
対人関係においても同じフィルターがかかっていました。

スッキリ感でいっぱいです、リセット症候群、その通り^^
もう、自分を責めることはしたくないです^^;

今までは、フィルターが普通だったので、
自分では気づかない心の癖、あるのでしょうね~。
2010-04-05 Mon 23:32 | URL | ちえ #-[ 内容変更]
りんりんさん、
ズバリと的を射た記事をありがとうございました。
日本のワンコさんの根強い問題行動と、
不登校のお子さんを持つお母様(家庭)
との関係は非常によく似ていると感じています。
ウイーンのワンコさんの悩み(数は少ないです)は、
新理論の説明とワンコに優しい技術をお見せするだけで、
その殆どが解決するのですが、
日本のオーナーさんの中には、思考の転換が図れない方が多いようです。
その謎は、このりんりんさんの記事がハッキリと語ってくださっていそうですね。
まだ何時になるかわかりませんが、この記事を文中リンクで紹介させてくださいませ。
どうか、宜しくお願いいたします。
2010-04-05 Mon 15:07 | URL | Eggi #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。