author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
心の歪みに気づこう(2)機能不全家庭とは①
2010-04-29 Thu 12:19
【機能不全家族とは何ですか?】

本来、「機能が完璧である家族」というものは、
家族が、人間関係で構成されている限り、
ありえません。

しかしながら、アダルトチルドレン(AC)という言葉を
使うときに、機能不全の家庭で育った人のことを指します。

どこからがACで、どこまでが機能不全であるのか
それは、外部からは、わかりません。

家族のメンバーの1人が「生きている意味がわかりません」と
つぶやく言葉が、本人だけに、「私はACである」という
宣言を自分に向けて言えることではじめて、

「機能不全家庭であった」という事実を認めていく作業に
取りかかれるのだろうと感じます。

育った家族の中で、自分が何を感じ、何を思ってきたのか、
それが、本人にとって、マイナスの意味を持つのか、
プラスの意味を持つのか、その比率の大きさによって、
本人の「AC的」な感覚は、ひとりひとり違うのだろうと思います。

源家族(幼い頃の家庭)で、負の意味が、
あまりにも、本人の容量を超えて、あまりに大きすぎてしまったとき、
私たちは、自分の身を守ることに、大半の時間を費やすことになります。

言葉の暴力・身体への暴力・無視・放置をされ続けていけば・・・・

「私は、ダメな子なんだ」
「やっかいな子なんだ」
「邪魔者なんだ」

と、自分を貶めることで、不安定な気持ちを
納得させようとする心の働きが起こります。

やがては、その状態が持続され続けると

「私は、生きていていいのだろうか?」

人が人としての核となる、
「存在の理由」に行きついていきます。

それは、自分への問いであり、かつ、自分以外への問いかけに
なっていきます。
やがて、大人になったときに、
その命題は、大きく人生にのしかかってきます。
その命題は、いろいろな形として、現れてくると感じます。


お金で、確認しようとする人。

美しさを保つことで、確認しようとする人。

地位や、名誉で確認しようとする人。

権力で、確認しようとする人。

人の愛情で計ろうとしている人。

自分の代理を立てて、自分の子どもに、命題を託す人。

スケジュール帳を埋めることで、「自分」を忘れたい人。



その度合い、執着の度合いで、本人が、心苦しくなるのか
生き生きと、人生を過ごしていけるのかが、
分かれ道なのだろうと感じます。

源家族で、プラスよりもマイナス比率が大きかったと感じた人ほど
その執着度は、高いと感じます。

関連記事
別窓 | 日々徒然 | コメント:11 | トラックバック:0
<<カウンセリングについてのお知らせ | 歩いていこう | 心の歪みに気づこう【回復のやじるし】>>
この記事のコメント
Libra さんへ
やっぱり、チャーハンで、いいんですね^^

え、私、お茶目 Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 分かっちゃいました?

な、なんでや~、
ほんとは、小難しい文章書くの、嫌やねん。
(・ω・)bグッ

2010-05-15 Sat 00:32 | URL | りんりん→Libra さんへ #-[ 内容変更]
りんりんさんへ
某”ぽっちゃり”カウンセラーさんです(笑)
かなり読みました。一時期は傾倒しましたが、加藤諦三氏を読んでから、もうすっかり”こっち”です。

経験に正邪も善悪も貴賎も一切問わずとするなら、生きて死ぬまでのすべての経験を糧とするなら・・・。
今の痛みも、まさに”炒めて”おいしいチャーハンとなりますように(^^)。

りんりんさんほど”おちゃめ”じゃないですよ、きっと(笑)
2010-05-10 Mon 13:40 | URL | Libra #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-05-09 Sun 15:50 | | #[ 内容変更]
Libraさんへ
不足しているものを数えてしまうのも、
心炒めて・・・Σ(〃゜ o ゜〃) ハッ!!チャーハンじゃない、
痛めている方々に共通したものでしょうね。

>不完全な自分と家族を抱えながら、それでも認めて受け入れる、そんな方向を目指しています。


あるものは、しょうがないって、認めるって
とても大事なことだと思います。
完璧なんて、世の中には、ないですからね^^
ほどほどで、いくのが、楽かもしれません。

某スピリチュアルカウンセラー(笑
あの、有名なかたですね。
ぽっちゃりさんでしょうか、コンビニの店長でしょうか。

Libraさん、もしかして、お茶目な方?
そんな気がしてきました(笑)
どんなだろう・・?(・・*)。。oO(想像図)




2010-05-09 Sun 02:36 | URL | りんりん→Libraさんへ #-[ 内容変更]
りんりんさんへ
ACのこと、実は勉強不足です。本来のアルコール中毒の親を持つ子供(の特異な状態)からの派生語というのも最近知りました。ただ、ある年頃から(思春期前期)すごく生き辛さを感じるようになっていたので、自然と心理学とかその方面に興味を持ってはいました。
まるこさんへのコメントも、私自身がそう思いたい、という願望もあって。某スピリチュアルカウンセラーの本に(その手の話を信じてる訳ではありません)たとえ1%でも愛があるなら感じられた方がいい、というようなことが書いてあり、なるほどーと思わされたのです。私が仮にACだとして、私のようなタイプは不足している所にばかり気がいってしまうな、と。99%愛情でも、マイナスの1%に気をとられてしまう。これでは辛くなるはずだなと、納得できたというか。
機能不全家族、もちろんこれを克服するため努力していますが、我が親への葛藤を完全になくすのは難しいかもしれません。そして我が家の機能不全も・・・完璧に治すのは難しいのかも。不完全な自分と家族を抱えながら、それでも認めて受け入れる、そんな方向を目指しています。
2010-05-08 Sat 00:00 | URL | Libra #-[ 内容変更]
fate★さんへ
>長女の生きにくさもまた、ACだからかもしれません。

不登校の子たちは、AC予備軍?と感じるほど、
親のAC的感覚に似ていると感じます。


>本能的に自分を守り解放してきたのかもしれません

そうですね、症状が、本人を守っているという状況は、
「不登校」という行為そのものが、
自分を守るという行為そのものなのでしょうね。

症状を出すことで、何から自分を守らなければならなかったのか、そのことに、目が行かれたこと、良かったですよね^^

>真の自身を生きる為には痛みが伴うものなのでしょう。

痛みを軽減することは、できるだろうと思います。
向き合うことは、辛いことですから。
目をそらさず、心に焦点を当てること、
その難しさは、多くの方が痛感されているのだろうと
思います。
お産と一緒でしょうか^^
2010-05-07 Fri 08:04 | URL | りんりん→fate★さんへ #-[ 内容変更]
Libraさんへ
>サバイブできていること自体にやっぱり少ないながらも愛はあったんじゃないかなーって勝手に思ってます

いやー、これ、私もその通りだと思います。
的外れじゃないですよ。

よく、ACのことを勉強されているなあと、
Libraさんのコメントから、いつも感じます。


漠然とした自殺願望・・・
私の場合は、死にたいわけでは無かったけれど、
生きたいわけでもなく、
存在自体への問いかけに近かったかもしれないです。
2010-05-07 Fri 07:54 | URL | りんりん→Libraさんへ #-[ 内容変更]
まるちゃんへ
事実を正確に言葉にし、
「そうであった」ことを
「そうだった」と
認めることは、難しいことであったと
過去を振り返って、思いますよ・・・。


2010-05-07 Fri 07:37 | URL | りんりん→まるちゃんへ #-[ 内容変更]
奇しくも西尾和美さん著の『機能不全家族』を読み終えた所なので、染み入る気持ちです。
私はACではなく、夫が自覚のないACだと確信出来ました。私はそれを補えなかった。その負の連鎖を長女が命かけで断ち切ってくれたのだと、今改めて痛感しています。

長女の生きにくさもまた、ACだからかもしれません。
私の息苦しさは私の問題、長女の生きにくさは親の責任ではありますが、やはり長女の問題として、ひとくくりにせずに、見つめて行きたいと思っています。

長女は解離や退行、自傷行為、他人格が現れたりもしておりましたから、本能的に自分を守り解放してきたのかもしれません。

人間は真の自身を生きてこそ、幸せなのだろうと、漠然とですが切に思いますし、真の自身を生きる為には痛みが伴うものなのでしょう。

少しずつ本当に少しずつですが、あの理不尽な何もかもが、ふにおちて行く感じがしています。理不尽を肯定するのではなく。

機能不全家族、根が深いです。
2010-05-01 Sat 09:43 | URL | fate★ #-[ 内容変更]
機能不全
昔、思春期の頃、漠然と自殺願望を持っていたのを思い出します。今はありませんが(^^)。そういう年頃だっただけかもしれませんが。
私の源家族も機能不全家族だったろうなーとは思います。肯定されたことが一度も記憶にないし、スキンシップも希薄だったし、兄弟との愛情の差も感じていたし・・・。でも愛情ゼロではなかったと思います。少ないながらも何某かの愛はあったようだし、祖母もいてくれたし・・・それで今の私は保たれているのかな。
まるこさんのコメントを見て、程度の差なのかなーと思うのですが、今生きている、つまりサバイブできていること自体にやっぱり少ないながらも愛はあったんじゃないかなーって勝手に思ってます。不幸な子供時代の中にもちゃんと愛はあったんだ、と感じているとするなら、すごく素敵なことのような気もするんです。
的外れなコメントかもしれないけど・・・。
2010-04-29 Thu 23:55 | URL | Libra #-[ 内容変更]
りんりんさんへ
りんりんさん、こんばんは。

>その度合い、執着の度合いで、本人が、心苦しくなるのか
>生き生きと、人生を過ごしていけるのかが、
>分かれ道なのだろうと感じます。

>源家族で、プラスよりもマイナス比率が大きかったと感じた人ほど
>その執着度は、高いと感じます。

私の心苦しさの深さ、執着度の高さが、どこからくるものなのか、見えたように思います。

でも、その反面、自分が育ってきたのは「機能不全家庭」だった…確たる「事実」があるのに、そのことを認めたくない…「私は幸せな子供時代を過ごしてきたんだ」と思いたがっている自分に気づき、「なんでこの期に及んで」と思っています。
「事実を認めたくない」…そこには母への思いがあるのだろうと感じています。
変わらない事実、母の周りを、ぐるぐる回っている自分を感じます。

2010-04-29 Thu 23:34 | URL | まるこ #aN9AbwgY[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。