author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
魂が触れ合う時
2010-07-03 Sat 17:11
簡単に自分年表を作ってみました。

http://ameblo.jp/hiiragirinrin/entry-10579374593.html

書きながら、いろいろな思いが溢れてきました^^



以前、インナーチャイルドエクササイズを、このブログに連載しておりましたけど、
シリーズとしては、物語は、まだ未完であり、途中放置しております。

そろそろ、完成させなければならないのかなという時期に
きているような気がします。

その前触れとして、記事として、書いておきたい気持ちになりました。


よく、インナーチャイルドエクササイズをやってみたいと
クライエント様からのご要望があるのですが、現在は、
カウンセラーとしての立場からは、おすすめしておりません。

その理由としての1番目にあげられるのは、
私が行った、エクササイズは、とても霊的な部分が多く、
万人向けではないということ。

2番目には、手法的に瞑想を使用するので、
憑依体質の方には、向かないということ。
(霊的なことに、興味がない方はスル―してね)

瞑想とは、ある意味、心を無防備にする状態なので、
歪みが取れていない状態での使用は、
負の感情にとらわれやすくなります。
負の感情に囚われるということは、
マイナスの思念に、憑依されることを意味します。

そして、瞑想する場所のセレクト。
磁場が悪ければ、それだけ、
マイナス思念へのリスクも大きくなります。

そのような、霊的危険性を持っていることから、
現在は、使っていないということです。

その前に、インナーチャイルドとは、一体どういうものか・・・
という疑問が湧いてくるかと思います。

インナーチャイルドは、一般的には
「子どもの頃に傷ついたままの状態でいる、自我意識」
と、言われているかと思いますが、
私が、経験したものは、それをはるかに超えていると感じます。

ここから、ちょっとぶっ飛んだ話になりますが^^;

人間の無意識の奥深くには、集合意識体、及び宇宙意識に
つながる回路があります。
(ユングもそう言っています)

インナーチャイルドは、魂の本質の一部であり、この無意識につながっています。
そして、ハイヤーセルフ(魂の本質)の一部でもあると私は感じます。

巷では、「子どもの頃の自分」「傷ついた自分」とも呼ばれますけれど、
それは、ほんの表面の「前意識」のようなものだと感じています。

恐らく、一般的なワークでは、
失礼ではありますが・・・、表層のものなのではないかと
そう、感じるのです。

もともと、インナーチャイルドの発祥は、キリスト教圏です。
そのワークの精神性には、
やはり、宗教的な確固たる意識が必要ではないかと感じています。
どちらかというと、「リーディング」的な要素が入ってくるのでは
ないかと感じます。
それを、多神教、あるいは、無宗教の日本にそのまま持ってくること自体、
無理があるのかもしれないと思います。

それを、ワークやセミナーという形で、お手軽に
膨大なお金を取るのは、どうなんだろうと・・・
経験からいえば、1日やそこらで、インナーチャイルドの魂に
触れるということが果たして可能なのだろうか・・・という疑問を抱いています。

そうい理由で、現在は、インナーチャイルドのエクササイズは、
お断りしています。


その代わり、カウンセリングでは、
暖かな過去の記憶をたどり、記憶を引き出すことで、
自分の中の歪みを取り、
心のクッションを作ることをお薦めしています。

その連続性の中で、カウンセラーとクライエントの
いつか、時が満ち、心が深く共鳴する瞬間があります。

クライエントの魂から発せられる言葉が
受け手の私たちに、生き生きとした情景として
目の前に繰り広げられ、
同じ場面を共有する瞬間が、やってきます。

そこには、クライエントの人生を私たちが、
追体験させて頂いている感覚が同時に生まれます。

クライエントが感じている気持ちや、経験が
私たちカウンセラーも、あたかも、そこにいるかのように、
シンクロしていくことで、長年心に積った黒いわだかまりが浄化されていきます。

心が開かれる瞬間です。

そこには、知識、比較、理論、嫉妬、憎しみ、怒り、悲しみ
何もありません。

ただ、互いの存在が愛おしく、喜びに満ちあふれていきます。
美しい湖面のように、静かに、穏やかに 魂が触れ合う時です。

この体験が、今後のクライエントを劇的に変化させていきます。
クライエントが、感情を取り戻した瞬間です。
そして、ただただ、美しい涙を流されます。

(これは、1人では到底できないことです)

そして、今後、クライエント自らが、新しい自分を見つけ出し

問題を自分で解決していくことが、できるようになります。

もう、ここまで、来ておられる方が、数名おられます。

あとは、私たちにできることは、ご本人が自分で解決していく力を、

見守り、応援していくだけのことです。

”あな’ここ”のHPのカウンセリングカリキュラムにも、列記しておりますが、

シンクロチャットとは、なんぞや?と思っておられる方も、多いかと思いますが

以上に、書いた通りのことです。



魂の本質に触れること


本当の自分に出会うこと



これが、当ルームの カウンセリングの最終目標でもあります。

よって、不登校を解決する方法は、提示しておりません。


     だって、答えは、自分の中にあるのですから^^

関連記事
別窓 | 回復のやじるし | コメント:0 | トラックバック:0
<<マグダラのマリア~許しの物語~【インナーチャイルドエクササイズ】補足 | 歩いていこう | 6月分、明細メール発送しました>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。