author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
波長のこと
2006-12-04 Mon 15:41
お昼から、車の一ヶ月点検だったので、

点検が終わる40分間くらい、週刊誌なんかを見てた。

普段は、週刊誌は、ほとんど見ませんが、暇なので、

いや、それしか置いてなくて。。。ぼーっと眺めていました。


その中に、

江原さん(ほら、あのオーラの人)原作のマンガが載っていまして、

そこに、「低い波長は、低い波長のものを引き寄せる」という

フレーズが、思わず、私を呼びました。^^


「おお、これは!」

とは、言いませんでしたが、何気に、読みました。


ある家族が、新築のおうちに引越してきたのですが、

小学生の子供が、

「女の人がいる」と、怯え、

夫婦で経営しているレストランも、不振。

そして、江原さんに、相談されたんでしょうね。

そういう前フリからでした。


原因は、子供が見えるという、女の人の霊には、

特に問題はなくて、

家族が、暖かい波長を出していたら、

そういうものは、引き付けないという、アドバイスから、

実は、夫婦の間が、冷え冷え~としてたので、

その波長に引き寄せられて、女の人が居ついてしまって、

それを、霊感が強い、子供に見えてしまうという状態だと。

結局、家族、特に夫婦が、信頼し合って、

穏やかな波長を出せば、そういう低級のものは、

寄ってこないと、そういう理論です。

また、そこの、同居しているおばあちゃんは、

友達に騙されて、高額のお金をだまし取られたらしいです。

それも、そういう、悪い人(波長の合う人)を

自分たちで引き寄せているんだと、言われていました。

なるほど~。(^o^)ゞ


私は、特に、江原さん、信奉者では、ないのですが、

この考え方には、激しく、同意しました。


ああ、そうだなあ。

うちの家庭も、ここ、5~6年、修羅場みたいなものだったなあと

これも、また、激しく、反省していた所だったので、

タイムリーなお話しをさらに、聞けたと思いました。

これ、「波長同通」の法則って、言うそうです。

不平不満ばかりでいたら、そういうものを、自分で

引き寄せるって事だそうです。

で、江原さんに、そのお母さんは、

「お母さんは、一家を暖かく包む、太陽でいてください」と

言われるのですね~。

お母さん、泣き崩れていました。(って、マンガですけど)


その後、その家族はどうなったかと言うと、

傾きかけたレストランに、

お客様に喜んでもらおうと、今まで手抜きしたり、放っておいた、

掃除を徹底したり、お花をかざったりと、

今まで、気持ちがちぐはぐだった夫婦も、心を合わせる事ができて

再び、お客さんが、戻ってきたという、

そういうお話でした。

また、その子供は、その後、次第に、女の人を見なくなったそうです。

めでたし、めでたし。

オメデト∠※ポン!。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆ミ


いや、他人事ではなくて、

我が家も、どうかせねば・・・と思うのでした。



カイくん、今日は、適応教室へ、朝から行きました。

ここ数日、過呼吸の発作も起こらず、

そこそこ、安定してるような気がします。

関連記事
別窓 | 日々徒然 | コメント:2
<<と、とんでもない、訳を (滝汗;;; | 歩いていこう | 一度出来た縁/うつになった理由>>
この記事のコメント
道子mamaさんへ
そうそう、いい波長は、いいものを呼ぶ、って。
笑う門には、福来る、って言った昔の人の言葉、
それなりの、根拠があるのよねえ。^^

それがねえ、分かっていても、なかなか出来ないのも、人間なんだけどね。
不思議と・・・暖かいものに触れて、穏やかなものの中に浸ると、
自然にそういう気持ちになってくるのも、あるかもしれないと思う昨今です。
以前は、季節や、景色を楽しむなんて、気持ちに余裕がなくてできなかったんだけど、いい音楽、いい景色、いい香り、穏やかな気持ちに触れるのも、悪くないなあと思えてきました。


2006-12-04 Mon 23:33 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
前に同じようなお話聞いた事があります。。
悪い波長は悪いものを呼ぶΣ( ̄▽ ̄∥)と
笑顔の無い家庭は笑顔が寄ってこないとか・・
笑って楽しく生きよ~っとと思いました(^^)
2006-12-04 Mon 20:14 | URL | 道子mama #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。