author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
生き方
2006-12-06 Wed 14:39
稲盛和夫著
「生き方」サンマーク出版


この方、京セラの元社長さんです。

経営理念が、やはり、すばらしい。

新聞の書籍紹介で見て、読みたいなと思って買ってきたら、
夫も、買ってきてたという、そんな本です。

稲盛氏は、10年ほど前に、仏門に入られています。
臨済宗のお寺みたいですね。

なぜ、仏門に入ろうと思ったのかという問いに、
こう答えていらっしゃいます。

宇宙の意思、創造主は、何を望んで私たちを、この世に生み出したのか。
なぜ、一度きりの生を授け、絶え間なく成長発展することを
その本然としたのか。
言い換えれば、私たちは、どう生きれば、その大いなる思いに
こたえることが出来るのか。
この自問は、人知の及ばね壮大な問いでもありますが、
私は、「心を高める」こと以外に、その答えは無いと思っています。

~中略~

生まれたときよりも、少しでも善き心、美しい心になって死んでいくこと。

~略~

宇宙の意思が意図し定めた、人間という生命が最終的に
目指すものは、ただ心の練磨にあり、その魂の修行、
試練の場として、私たちの人生が与えられているということなのです


ブラボーです。
こんな事を、日本の経営者が、考えるのだなあと、
不思議な感じでした。が、稲盛氏の、経営理念を、
考えれば、なるほど~とうなずけます。

いいなあと思ったのは、

真にすばらしい人間は「無名の野」にいることもある
というフレーズです。

ああ、その通りだよ~。

本の内容を全面肯定は、しないけど、ちょっと、稲盛さんの、
ファンになりました。

ところで、おっとーは、まだ、読んでないと思うけど、
感想を聞けるのは、いつのことやら。
年末だから、忙しいもんな~。
聞きたいのだが。。。興味しんしん。


最近、本だらけの生活してます。

一年くらい前まで、本を読む気が、全くしなくて、
「ああ、このまま、マンガしか読まなくて、アホのまま、
年齢を重ねるのかいな?」と
少々、恐怖に思っていましたが、
今、いろんなジャンルの本、読めそうな気がしてます。

昔の本だらけの生活が、戻ってきたようで、
お金は無いけど、暇だけは、あるを、大いに利用してます。

この贅沢な生活も、来年には、打ち切りになります。(たぶん)

今のうちに、読めるものは、読んでおこうと思う。


カイくん、今日は適応教室で、みかん狩りらしい。
昨日は、しんどいので、お休みでした。

だんだん、日記の不登校記入スペース比率が、
少なくなってしまって、一体、なんの日記やら??

ああ、ソラも、期末テスト終わりました。

めでたし、めでたし。

関連記事
別窓 | 本の紹介 | コメント:0
<<・・・ | 歩いていこう | と、とんでもない、訳を (滝汗;;;>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。