author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ブログの読み方【不登校・AC】
2011-03-01 Tue 13:05
自分を客観的に振り返るために


自身の回復のために、自分のブログを読み返すことを、
これまで何度か、おすすめしてきましたが、
自分のブログを読み返す効用として

過去の自分の文章を客観的に読み返すことで、
現在の自分の変化(違い)を感じることができます。
自分の歩いてきた道をひとつひとつ確認することが、
今現在の自分の位置を捉えていくことができるでしょう。

*変化したところ、変化していないところを自分で知ることが
一番痛みの少ない、セルフ回復法だと思います。

ともすれば、以前に書いた自分の記事を、無かったことにしがちなのは、
AC傾向の強い人に、多く見られることだと感じます。
それは、当時自分が感じたことを、書くことで逃してしまい
そのとき、そのとき読んだ本や、影響を受けた思想を細切れに取り入れ
つながりの無い点々の記憶だけが、散らばっている
統一性のない文章として現われます。

これは、私のブログで言うと、
6年前の楽天ブログ時代に当たります。

この状態は、当時の私の思考回路にも同じように現れており、
ただ、影響を受けた思想を乗り換えていっている・・・そういう状態です。
しかし、内容に次第に矛盾が生じてきます。
だんだん、苦しくなってきます。
その矛盾を修正するために、さらに、新しい自分の考え方を
もっともらしく(・ω・)b 構築していった時期ですね^^;
(もちろん、無意識です)

そうして、その矛盾を突きつめていくと、
どうも、居心地が悪い。。。
わかったつもりでいる・・(-。-;)
実生活には、なんの役にも立たない。。。

で、それをチャラにするために、ブログをFC2ブログに移しました。
幸いにして、楽天時代の記事は、こちらに全て移していたことは
「自分、よくやった!」と思ってます(笑
悪い見本として、現在ここに書けるからです~。

当時、自分のブログを読みなおすという知識は持ち合わせていなかったので
書き捨てm(_ _;)m ゴメン!!状態^^;
自分では、一貫性があると、思っていたのですけどね^^;

で、この思いこみの罠をぬけられたのは
伝えたい記事、書いた記事を当の本人の息子に読んでもらったり、
「ちょっと、聞いてみてくれんですか?」と
息子に、自分の記事を読みきかせすることを始めました。
(当時、自然にやっていたことでした)
そこで、息子の気持ちと一致するのか確認作業をしていったのだろうと思います。

読んでいると、読む側も自分だけの思いこみで書くことは
息子の「これ、ちょっと違う」というありがたい言葉で
「あ~、違うんか~」と、修正ができるわけですね。
そして声に出して読む側の私も、読みながら
「こりゃ、ちょっと、違うかも」となんとなく感じることができるようになりました。

それが。。いつ頃だったでしょうか~( ̄▽ ̄i||;;)
3年くらい前からだったのではないかと思います。

そのうち、息子さんから、横で読まれとうるさいから自分で読むからと
クレームがついてしまい(^▽^;)、「読んで頂く」という感じになっていきました。

こうして息子の気持ち、不登校の子の気持ちを書く記事は、
息子との対話から、たくさん教えてもらったのでした。
そして、息子自身とも記事を読んだあとに、いろいろ考えたことを対話しながら、
もっと深く、広く、ふくらましていきました。

以上のような息子との対話の中で
自分の上から目線の言葉、思いこみの言葉、持論の言葉
訴えの言葉、傷つける言葉の修正を行ってきたのだろうと思います。
なんせ、不登校の実体験を持つ子どもに読んで聞かせるのですから
思い上がりとか、自己顕示欲で書いたら、自分が墓穴を掘っちゃいますので
自然と修正ができていったのだろうと感じます。

文章が修正されるということは、
自分の思考の癖に、修正が入るということとつながります。


実は・・・、他の人のブログもほぼ、息子に読み聞かせしてます^^;
そして、お互いの気持ちの一致するところ、しないところを
確認しながら、子どもの位置を確かめてきたような感じもあります。

このような対話を通じて、息子の気持ちの整理になったこと、
私の自己修正になったことでした。

効果的な、ブログの読み方として・・・

音読です(`・ω・´)

自分のブログを声に出して感情をこめて読む、あるいは誰かに読み聞かせをするということが、新しい自分の発見につながると思いますよ。

もし、人のブログを読んでも真意が汲み取れない、読めない・・・
自分のブログを読んでも、自分の点と点がつながらない、
成長につながらない、

そういうお悩みをお持ちの方に、
「ブログを書いて回復!読んで回復!」という
ひとつの方法を、提示してみました。
どうぞ、参考にしてくださいね。

追記:私のブログは、4年くらい前から・・・子どもたちが
いつか、私の足跡を知ってくれたらいいな・・・
お母さんは、こんな経験し、生き方を選び、人生を考えていたんだなと
私が、いなくなった後に、私のことを子どもたちに伝えたいと
そう願って・・・書いていることをかなり意識しています。
(パスワードもブログの存在もノートに書き記して、もしもの時に備えています。
 そのことを、子どもにも伝えています)

いつか。。。次世代の子どもたちが受けついでくれることを願って。
それが、私の最後の願いです。
関連記事
別窓 | 回復のやじるし | コメント:0 | トラックバック:0
<<無 題 | 歩いていこう | ブログの書き方2 ~文章が表す癖~【AC・不登校】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。