author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
・・・
2006-12-06 Wed 19:38
カイの調子が落ちると、こちらまで、滅入ってくる。

何が、どうあって、どうなるのか・・・

わからないから、どうしようもない、無力感。

本人にも、わからないことが、

私に、分かるわけがない。

投げやり?

一緒に、気持ちが、引きずられる。

心が、スクリーンで、映せたらいいのにな。。。

たまには、そんな事、思うのでした。

暖かく、見守っていれば、いいんだ。

そう?

心傾いた子供から、目をそむけたい時もあるんだよ。


私の心の奥底に何がある?

何か、わけの分からないものが、ある。

本当は、それこそが、目をそむけたいものなのかもしれない。



今朝の夢は、恐怖の夢。

最近、夢をよく見る。

夢で目が覚める。

表面の気持ちとは、裏腹に、

思ったより、奥では、葛藤が深いのかもしれない。


こ~んな、落ちた日記、読ませてしまって、

申し訳ないっす。 (-人-;) 

明日は、元気になるからね。
関連記事
別窓 | 日々徒然 | コメント:4
<<chie art | 歩いていこう | 生き方>>
この記事のコメント
らんでるさんへ
>ほら、想像力を巡らせて、一緒に苦しみを担ってやりたくなっちゃうところあるやん、親ってさ。

そ、そうなんだ。相手の苦しみまで、いつの間にか、
ついつい、背負っちゃってね、
ふとした瞬間、自分が幸せに、ご飯を食べれることが、すっごい悪い事で、泣きたくなったり、苦しくなる時ある。

何もできないって、わかっていても、ね。

おろおろしてもしょうがないよね。
親と子、いつも一緒にいると、距離感が、時に分からなくなってしまうみたいだ。
2006-12-07 Thu 15:53 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
子どもだって親と距離を置きたいときがあるし、親だって、なまものなんだから、子どもと距離を置きたい時だって当然あるさ。それって、ごくごく自然な感覚なんだと思うよ。きっとさ、私達、そんなに頑張らなくってもいいんだよ。ほら、想像力を巡らせて、一緒に苦しみを担ってやりたくなっちゃうところあるやん、親ってさ。でも、「なんだか知らないけれど、あんた、辛そうだね。気の毒に。」って感じの距離感でいた方が、お互いラクかもしれない。
2006-12-07 Thu 13:02 | URL | らんでる #-[ 内容変更]
everさんへ
淡々と、ご飯を作るかあ・・・。いい言葉だなあ。。。
ふと、何かが、こみ上げてくる瞬間が
あったりしてね、まあ、それも、人生かな。
一過性の風のようなものでしょうか。
風に当たりすぎて、ひりひりするって、らんでるさんも
言ってたねぇ。

なんか、交互に落ちてない? ねぇ、奥さん。笑
everさん、いつも、ありがとう。
2006-12-07 Thu 00:19 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
いつも思ってるよ
子どもがしんどいと目を背けたくなることあるよね。
何かの理由があって?それとも偶然で?私のところに来たんだろうな、と思う。淡々とあったまるご飯作るくらいしか出来ないもんなね、親なんて。大丈夫、カイくん自身が乗り越える力もってるから。
2006-12-06 Wed 21:46 | URL | ever0123 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。