author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
徒然に思うこと
2011-03-29 Tue 18:06
どうしたら?
こうしたら?

カウンセリングって、答えを乞うことではないとは
わかっていながら、つい求めたくなるのが、
「答え・正解」

「答えは無いんだ!」と無理して、抑圧して、
こだわっているうちは
まだ、答えに執着している段階

自然に、無理なく、やせ我慢せず、
気が付いたら
楽になってる状態が、回復へと向かう道

では、どうやったら、そうなるの?


自分の中に、暖かさを取り戻すこと

誰かから、もらった暖かさは、100人いれば、100人、違う暖かさの記憶。



やさしさ、

おもいやり、

愛情・・・・

愛情の作り方に、方法なんか、あるわけもない


今まで生きてきた中で、「もらった暖かさ」を思い出し、
心を修復していくだけ。

そして、わけ与えるほどに、豊かになる

心ってそういうものだと、知った時の満たされた嬉しさ

そこに、方法は何もなかったと・・
理論も無かったと
今、振り返って思います


息子が、数日前のブログに書いています。


苦しい気持ちがわかるから
苦しい気持ちがわかってあげられる
だから隣で
一緒に
泣くことができる
確かに苦しかった
でもだからこそ
こんな苦しい思いはしてほしくないと思う


私は今生きてます。

生きてることが本当に

幸せです。




息子、本日、H県に、旅立ちました。

巣立った息子の空っぽの部屋を見ると

なんとも切ないですが・・・

彼の19年生きた証を持って、新しい生活が始まります。

与えていたとばかり思ってきた子育て・・

本当は、子どもから、ずっと与えられてばかりいた私でした。

息子からもらったものは、深いつながりと愛情。

巣立った彼に、感謝を伝えたい。

そんなことを感じた3月29日でした。



*ここで言う、愛と表現したものは、甘やかし、
やさしくするということでは、ありません。

*息子が巣立って、今、思うこと。
 元々生きにくい子というものは、私は、いないと
 思います。

彼らは、愛情を受け取ってくれる人を、ずっと待っているのだろうと思います。
そして、待っているうちに、迷子になっちゃうのだろうと・・・そう思うのです。

 
関連記事
別窓 | 息子 | コメント:3 | トラックバック:0
<<お知らせ | 歩いていこう | 気分を変えましょう>>
この記事のコメント
のもりん
ありがとうございます(^-^)

この場を借りてりんりんさんに息子のことで、伝えたいことがあります。

息子は、なんとか普通高校に合格したもの、完全に不登校、引きこもりが悪化し通信に転校したのですが、
それでも登校できませんでした。
しかしある時、自分の意志で行くことを決め一歩を踏み出しました。

先日、学校に親子で面談があり、久しぶりに彼の電車に乗る姿を見てびっくりしました。

以前は、座っていても立っていても、人の目を避けるように うつむいていたのですが、彼のあごが上がり、まっすぐ前を見ていました。

ささいなことかもしれませんが、私には彼が少し自信を帯びたように感じたのです。

ほんとにほんとに、感動してしまいました。

私はりんりんさんのおかげで、自分をすべて見つめ直すことができたし、息子の変化も実感している真っ最中です。(^-^)v

ほんっとに感謝感激です(T-T)

2011-04-16 Sat 13:36 | URL | りんりんさんへ #-[ 内容変更]
のもりんさんへ
コメント遅くなってすみません~><;


>まず、人を好きになることから始めました。

好きになるってことは、ほんと難しいことだよね。

まず、自分の「好き」 「嫌い」の感覚をしっかり、
認識することから始まると思います。
(いがいと、ここが、盲点だったりします)

好きってことは、相手の大切にしているもの(信条)を
感じ取る力だと思います^^

>手が何気ないことでもヘコんでしまうことがあり

これは、価値観の違いからきているんじゃないかと思います。
例えば、イスラム圏の方は、子どもの頭をなでるのは、
神への冒涜!ってくらい、嫌悪しますが
日本人は、子どもの頭をなでるのは、親愛の印ですね。

イスラム圏の人にとって、
自分の子どもの頭を、日本人になでられるのは
すご~~~く、怒り心頭になっちゃいますが、
日本人は、「??」なんで怒るの~~?ってなりますよねえ。

互いが、文化圏が違うってことに気づき
そして、相手の価値観を知るってことは、
大事なんだろうと感じます。

恐らく、不登校の子どもとおかあさんの間でも
お互いに、このような価値観のずれが
多くあるのだろうと感じます。

それは、自分の価値観を相手に突きつけてしまうからでしょうね。

相手を理解しようとする気持ち・・・
それだけでも、コップの中の愛情は、
急速倍増していくと思うんだよね。
避雷針(逃す)いらずの「思いやり」が
もっと、いっぱ~~い手にはいりますよ~^^

2011-04-13 Wed 12:12 | URL | りんりん→のもりんさんへ #SAu5W79E[ 内容変更]
りんりんさんへ
今の自分なら、りんりんさんの言ってることがよくわかります(^^;)

息子のことで苦しんでた時は、答えが欲しい、正解は何?と常に考え試していました。
しかしながら、深みにハマるばかりで・・・・

私事で恥ずかしいんですが、まず、人を好きになることから始めました。

そして、人の暖かさを受け入れるアンテナを建てました。(ただ、私の場合相手が何気ないことでもヘコんでしまうことがあり、思いっきり受け流す避雷針つきです!)

次に、絶対蓋をしないと決めて、人の暖かさを溜めるコップを作りました。

一杯になったら、飲みほして自分の栄養にしました。(^^)

何度もこれを繰り返した気がします。
その内に 溢れるようになり、息子にも暖かさをあげれるようになったような気がします・・・・・

なんだか、わかりにくいかも知れませんが、こんな感じだと思います(^^ゞ

もっと上手く表現出来ればいいのですが、すみません(^_^;)
2011-04-04 Mon 15:03 | URL | のもりん #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。