author : rinrin
子どもの問題・親の問題(初級編)
2011-04-22 Fri 13:40
子どもが学校へ行かなくなった時、
親にとっては、ものすごくショッキングなことです。

「まさか、うちの子が・・・」

この時、子どもが学校へ行かないという、大きな出来ごとだけが
クローズアップされ、親の気持ちは、混沌と溢れかえりパニックになります。

そして、やっきになって、子どもの学校復帰を目的に
あちらこちらの医療機関、相談所、果ては、お祓いなどの
門をたたきます。

①この時の親は
「子どもをどうにかしなくっちゃ」
という気持ちで一杯で、子どもを叱咤激励しながら、
あちらこちらに引っ張りまわします。

②しかし、てこでも、動きそうも無いことを知ると
泣いて訴え、寝込んで訴え、怒りを爆発させる等・・・

③それでも、動かない・・・
今度は、一転して、腫れものにさわるように、
猫なで声で、子どもを操作しようとします。

それでも、だめだとわかると
「私は、これだけ、あなたのことを心配してるの!」と
②~③を繰り返していくうちに、
子どもは、昼夜逆転になっていきます。

また、②~③を長く繰り返すうちに、
親は、次第に社会が悪い、学校の対応が悪い、
あるいは、学校でのいじめがあったから、ご主人が協力的でないから
と他者へと不登校の理由をすり替えていきます。

このように、子どもを動かそうと操作し、
学校・社会への不信感を募らせていくプロセスの中に、
親(主に母親)自身の問題は、どこにも見当たりません。

これは、①~③の行動をすることで、
「私は、こんなにやってるの、頑張ってるの」と
まわりに示しながら
うっすらと思い当たる家庭での、自分の責任をすり替え
罪悪感の帳消しを行っているのではないでしょうか。
このことに、気づいて欲しいと思います。

親自身が自分の心をみつめる準備が出来た時
はじめて、不登校回復へのスタート地点に立ったと
いえるのではないでしょうか。

子どもの不登校問題は、親の問題。

まずは、大人が、変わろうとする勇気を持ちましょう。
これらの方向性をすり替え続けると
子どもの問題は、ますます、こじれ複雑になっていくことだと感じます。

子どもたちは、長い間、あなたが変わってくれる事を、

うつむき、沈黙しながら、

今も待ち続けているのです。
関連記事
別窓 | 不登校を考える | コメント:6 | トラックバック:0
<<訴えと同調 | 歩いていこう | 言葉の方向性>>
この記事のコメント
りょまママさんへ
お返事、遅くなりました。

不登校は、様々な要因が重なって生じた
ひとつの結果ではないかと捉えています。

あなここは、要因のひとつひとつを丁寧にさかのぼり、
心を解きほぐしていきます。

よろしかったら、HPの方も熟読頂けたら
なにかヒントが見つかるかもしれません。

いつでも、声をかけてください。
2011-08-07 Sun 18:37 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
鍵コメ様
よろしかったら、
ブログ、右上に付いているHPのリンクから
HPを読んでみてください^^

HPに、申し込みメールフォームが付いていますので
そちらから、申し込んでみてくださいね^^
お手数ですが、よろしくお願い致します。
2011-08-07 Sun 18:21 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-08-07 Sun 17:24 | | #[ 内容変更]
初めまして・・・
ACに興味がありこちらに参りました。
きついですね。
その通りです。全てにおいてしっくりきます。
私の生きにくさをそのまま子供たちに背負わせてしまったなんて・・・
今、二人とも不登校です。
これからも、こちらで勉強させていただきます。
少しずつでも変われたらいいと思ってます。
よろしくお願いします。
2011-07-10 Sun 11:44 | URL | りょまママ #-[ 内容変更]
マミーさんへ
はじめまして^^訪問ありがとうございます。

>「まっ!なるようになるさ」


なるようになるよd(^-^)ネ!
私もそう思います~~♪
2011-05-09 Mon 23:43 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
初めまして
分析…
情報…
ある時期は必要だし
大事かもしれませんね
でも
頭で解りえることは
ちっぽけなことですし
あんまり意味がないなぁ
なんて感じています

…っというより
かえって邪魔でしょうか
(笑)
頭でっかちに
なればなるほど
本来のありままにある
自身の素晴らしい心に
"蓋"をしてしまいますから
家族がそれぞれ
自律していて
味方の存在
仲間の存在であれば
いいんじゃないでしょうか

我が家も
私も
それでいろいろ
乗り越えてきましたし
これからも
様々な課題があると思いますが
「まっ!なるようになるさ」
とワクワクしたり
ハラハラしたりしてます(笑)

2011-05-07 Sat 22:23 | URL | マミー #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |