author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
楽観視をしない【不登校】
2011-06-18 Sat 12:50
不登校の問題が起こったとき
ふと、頭をよぎるのが
「このままでも、問題はないのではないか?」
「そのうち、放っておいても動き出すのではないか?」
という楽観的な思考です。

心の問題でも、同じようなことが起こります。
「このままでも、生きていけるのではないか?」

今話題の原発の問題に例えると
「このまま、原発の被害は、おさまっていくのではないか?」
と置き換えることができます。

しかし、実際はプルトニウムは高熱を放ちながら
放射能は、じわじわと大地に吸い込まれ
海へ流れ込んでいます。
放射能の数値は、毎日報道されるものの
目に見えないものを、実感として感じることは
時とともに、薄れていっているような気がします。
そして、なんだか、何も問題が起こっていないような気がして
実感を伴わないまま、大丈夫な気さえしています。

この思考の処理の仕方は、
心の問題を抱える家庭に、よく見られる気がしてなりません。

子どもたちが、目に見える問題を起こす時は
(原発が爆発した時)
あわてて、どうにかしなきゃ!と、
とりあえずの方法を考え、あたふたと奔走します。
(海水を原発炉に注入しましたね)

一旦、目に見える爆発が収まると
「それほどでもなかったかも」と
『感情の逃し』が行われていきます。

そして「このままでもいいか」と
問題から目をそむけた状態で、落ちつこうとします。

しかし、実際は子どもたちは、心にくすぶる熱を持ち続け
部屋の中に沈黙してひきこもります。

親は、子どもが、おとなしくしてくれていたら
誰に迷惑をかけるわけでもないかも・・・、
いずれ、飽きたら、バイトでも出来るだろう・・

と、楽観的に考えることで
問題に取り組むことを避けようとしてしまうのかもしれません。



「問題から避けようとする気持ち」


「その場所から、目をそむけたい気持ち」


「なかったことにしたい気持ち」


「子どもの個性だから」


しかし、問題があったからこそ、爆発は起こったということを
忘れないで欲しいと思うのです。
そして、問題は、浄化されないまま、常に発熱を続けていること。

その事実を、見ないままにしておくことは、今後起こるべく
新たな火種を、せっせと作っていることに等しいのではないかと思うのです。

暴れた子どもの気持ちを、親から「なかったことに」されたら
当の子どもは、たまりません。
くすぶり続ける不全感から、解放されないまま
何も、わからないまま、一生を送らねばならない彼らの気持ちは
一体、どうしたらいいのでしょう。


人と人間関係が構築出来づらい
コミュニケーションの取り方がわからない
人が怖い
自分の大切なものが、わからない
自分で、自分を誤魔化し続けて生きるしかない
自分の感情がわからない
空虚な心に付きまとう、深い深い、救いようのない悲しみ。
人前で、ご飯が食べれない
冗談がわからない
記憶が抜け落ちたブラックボックス
自分の言葉で語れない
負の感情で、ぐるぐる巻きになる
他者攻撃
自己否定
嫉妬・比較に苦しむ
人を愛せない  etc...


そんな人生を、私は、嫌というほど経験してきました。
同じ経験を、もう誰にも経験して欲しくないと思っています。

今、目の前で、おびえている子どもは
かつてのあなた自身だということを
思い出して欲しいと思うのですよ。

「それほどでも、なかった」

うつろな目をした子どもたち、
目を合わせてくれない子どもたちを目の前にして
本当に、そう言いきれるでしょうか・・・。


問題から目をそらし、逃げ続けた後
原発は、どうなったでしょうか。
誰にも住めない土地を、広大に作ってしまったのではないでしょうか。
人々は心の故郷を奪われてしまったのではないでしょうか。
(自分の基盤を奪われる状態)

楽観的であることは、人生を生きる上では、大切なことでもあります。

しかし、楽観的 であるということと

問題から、目をそらすということは

全く、違うことではないかと、思うのです。


「まあ、いいか~」

「逃げてもいいよね」

それで、誰が救われるというのでしょう。

逃げなかった人にしかわからない世界もあるのです。

関連記事
別窓 | 不登校を考える | コメント:0 | トラックバック:0
<<喪失とは 【不登校・アダルトチルドレン】 | 歩いていこう | 兄弟仲>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。