FC2ブログ
author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
不登校本を発売します 7月14日
2014-07-13 Sun 18:16
久しぶりです^^

本のお知らせです。
かねてより制作中の不登校の本が、完成しました~。
昨年、モニターを行ったときより、かなり、内容も充実して分かりやすくなっています。
制作秘話と合わせて(http://blog.anacoco.jp/blog-entry-249.html)読んでみてください^^
是非、手元に一冊、ACと不登校なら、任せてと、
あなここが自負する、自信の初本です^^

本表紙ブログ用      本裏ブログ用




目次・内容抜粋

序 章

第一章 親が変われば子どもは変わるの?

第二章 わが子が不登校になった日
   ・子どもに揺さぶられる親
   ・親の状態が不登校を長引かせる

第三章 「不登校っていったいなんだろう」
   ・不登校が起こる家庭の二つの特徴
   ・お母さんはアダルトチルドレン?
   ・家族をバラバラにする仕組み

第四章 長引く不登校
   ・不登校やひきこもりが長引くプロセス
   ・長引かせる親の7つのパターン

第五章 回復ってなんだろう?

第六章 歩いていこう~回復への道
  みなさんの寄稿文が書かれています
   ・自身の不登校を経験して、今思うこと (当本の”我が子”です)
   ・現在、セッションを受けて下さっている皆さんからの現場からの声
    
最終章 りんりんからみなさまへのメッセージ


監 修  きんたろう
著 者  柊 りん(りんりん)
執筆協力 坂本美登利
イラスト  あいちん
 図    けい

***************************
本のご注文は、お近くの本屋さんか、下記アマゾンリンクから御注文くださいませ
題名「わが子が不登校になった日」
著者名 柊 りん
出版社名 木星舎
価格:1800円+消費税

アマゾンから注文←ぽちっと<(_ _)>


新聞広告予定 7月23日  朝日新聞夕刊 一部朝刊(あくまで予定です)

****************************
別窓 | 本の紹介 | コメント:0 | トラックバック:0
不登校本の出版についての経過報告です
2014-04-24 Thu 12:11
お久しぶりです。

先日、出版社の方と打ち合わせをしてきました。

七月の半ば、夏休み前に
本が書店に並びます。

すげー

Σ\( ̄д ̄;)ォィォィ


この何十年を、ACとして

また、不登校の子供と寄り添い

得たものを、全て濃縮して

本にできること、

それを今苦しんでる方へ

お伝えできること

本当に嬉しく思います。


もともと、作家ではないので(^_^;)

たくさんの人に応援してもらい、手伝って頂きました。

私が今まで関わってきた、

皆さんの力を集めて作られた本です。

それが、いよいよ現実となるのは、もう、夢のような話しです。

人生は何が起こるかわかりません。

出会いによって変わり、

縁によって変わり

そして、前に進む覚悟で変わります。

七月に本として、

みなさまと出会えるのを

楽しみにしています。

ひとりひとりの魂の深いところに、

言葉が想いとなって届くよう、

それだけを込めています。

どうぞ、これからもよろしく

ご縁がありますよう

本のハンドルネームは、

柊 りん となる予定です。

別窓 | カウンセリングルーム便り | コメント:0 | トラックバック:0
不登校本、モニター募集の件
2013-11-28 Thu 21:38
原本モニターの件

9月に以下の記事で、告知致しました不登校本
の原本モニターさん募集のお知らせからお読みください。

http://acnokosodate.blog80.fc2.com/blog-entry-986.html
その後約二か月過ぎました。
その御報告です。

***************************

御報告が遅くなってすみません^^;

最近、めっきり更新気力がわかなくて、
筆不精になってしまっていますです、です(;´▽`A``

モニター募集を始めて約2カ月すぎ、
こちらでお知りになった方からのお問い合わせが
現在もボチボチとありまして、

「まだ、やってますか~」とお声をかけてくださいます。

「はいはい、やってますよ~」とお返事しております^^←かるっ(^▽^;)


原本のモニターを行ってみて、文章でどこまで伝わるか
確認できた感覚を頂きました。

御協力して下さった方々、ありがとうございました。
みなさまの意見を取り入れながら、
原本の方は現在進行形で着々と本として
分かりやすさと完成度を増していっています。
9月の時点の原本よりかなりページ数も増え、
全体構成も、読みやすくなってきつつあります。


さて、
もし9月募集時点の原本を読んでみたいなと
思われた方がいらっしゃいましたら、
「はい、どうぞ~」
と、お渡ししておりますので、
気軽にメールで声をかけてくださいませ。
読み終わりましたら、簡単な感想をつけて、
送っていただけましたら、出版委員会としては、
とても励みになります。


*ご連絡は、このブログの左サイドにあります
メールフォームをお使い下さっても、
下記、あなここ直通メルアド、どちらでもお使いくださいませ<(_ _)>



りんりん

anakoko@hotmail.co.jp  ←あなここメルアド
別窓 | カウンセリングルーム便り | コメント:0 | トラックバック:0
あなここオリジナル不登校本の原本読者モニター募集
2013-09-18 Wed 01:28
こんにちは、りんりんです。
こちらのブログ、約2年ぶりの更新です。
なつかしい~♪古巣の感覚がします^^

えっと、再開したわけではないのですが、
あなここからのお知らせ記事を少しでも多くの方に告知したかったので、
ここに転載します<(_ _)>


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆


【あなここオリジナル不登校本の原本を読んで下さるモニターさん一般募集します】


あなここが始まって3年と半年過ぎました。

不登校の真実を より具体的に世に伝えたいと願い

本を作ろうと思い立ったのが2年前・・・

それから、なかなか 日々に追われてプロジェクトが進まず・・・

やっと、最近その骨子の原本となるものが出来あがりました。

この原本には、私の経験した不登校の回復の道と、

セッションの中で得た、たくさんの人の経験が含まれています。

どの不登校の本より、かなり内容の深い本になっていることは、間違いないと思っています。

これまでにない、画期的な不登校回復の全てを叩きこんだ文章だと自信を持っています。

先だって、セッションを受けておられる会員の皆様には原本を先んじて読んで頂きましたが、

大きな手ごたえを感じています。

今年中には、さらに会員さんの手を借りながら本という形に整えたいと思っていますが、

そのまえに・・・



一般の方が読んでどれくらい私たちが伝えたいことを感じて下さるか、

この機会にモニター募集をお願いしてみようと思います。


先着10名様限定です


モニター資格は、どなたでも結構ですが(無料)

感想文(原稿用紙2枚程度)を書いて下さる方を対象とします。


申し込み方法は、

①ハンドルネーム

②おおよその居住地

③簡単な自己紹介を書いて、こちらまでメールをくださいませ↓↓↓
2~3日中に、こちらから折り返し、PDF版で送付致します。



anakoko@hotmail.co.jp

ふるってご応募くださいませ^^お待ちしています。

読むだけで、どこにもない不登校の真実がわかると思います。


  あなここ本制作委員会&りんりん


転載元:http://amejisuto2011.blog.fc2.com/
別窓 | カウンセリングルーム便り | コメント:0 | トラックバック:0
遺書~終焉(追記)
2011-11-29 Tue 13:59
このブログを始めた頃、我が家は息子の不登校で、右往左往していました。

毎日、記事をアップしながら、自分の気持ちを立て直し

元々の意地だけで、書いてきた最初の2年間・・・

それから、子どもたちが元気になり家族の再生の希望が見えてきた2年・・・

そして、今度は自分のための人生を生きる決意と葛藤を記した最後の数年。


この頃から、世代間連鎖により、AC基盤で今後生きざるを得ないだろう
子どもたちが、いつか、社会に出て、愛する人を得、家庭を築く時に
私の残した文章の本当の意味がわかる時に読めるようにという思いを
意識的に綴ってきてました。

私は家庭人として、負の遺産を家族に残しもしましたが
負の遺産は、社会で生き抜くための最強の武器にもなりえるのだということを
次世代の子どもたちに伝えたいと思っていました。
それが私のできる、子どもたちへの最後の願いだと思っていました。
いつの頃から、このブログは「遺書」だな・・・と
感じながら書いている自分に気が付きました。

私が子どもたちに残すことができる、精一杯の愛情・・・
それが「遺書」なのだと思います。

が・・・そろそろ自分の人生も大切にしたいと思いはじめました。

この場所には私の出会いがたくさん詰め込まれています。
愛着もあります。
これを機に移転しようかどうか・・・かなり、悩みました。

が・・・潮時だろうと思います。

これまで、ここを読んで下さっていた皆様、応援して下さった皆様
そして、読んでくれていた家族・・・ありがとうございました。
家庭人としては、ダメダメやったけどね、
残りの人生「伝える」ことに全力そそぎまっせ。

どうか、私を探さないで・・・
あ、いや、違うか(-_-;)
これは、家出の定型文やた!(◎o◎)!わはは


ということで(笑)このブログは、終わりにします。


たくさんの感謝の気持ちと共に

いままでありがとう~ヾ(@^▽^@)ノ

私のAC回復の軌跡が、

皆様の回復と不登校、子育ての

希望の光となりますように。


では、またねヾ(*^▽^*)o バイちゃ~♪


私の大切な子どもたちへ

最大の愛をこめて

母より




【移転先】:>>>こちら

別窓 | 最後に | コメント:8 | トラックバック:1
砂の船
2011-11-18 Fri 04:34






別窓 | 好きな歌
【アダルトチルドレン・不登校】抱いて生きる
2011-10-16 Sun 12:49
ある不本意な出来事が起こると
人は、「なぜ?」「どうして?」
と世界中に問いかけます。

何か外的な要因に、責任をなすりつけようとしたりもします。

不登校の場合でいうと「どうして、うちの子が、不登校になったのでしょう・・・」
ACで言うと「どうしてこんな家庭に生まれてきたのだろう?」という
根源的なところまで遡ろうとします。

しかし、いくら問うたところで、答えは外にはありません。


3年前、長年看病した愛犬が亡くなった時、
私の中の何かが変容したように思いました。
一体、何が起こったのだろうと、その時のことを
振り返ってみても、明確ではありませんでした。
最近、やっとわかったような気がします。

「悲しみと共に生きていく覚悟」という事ではないかと。

悲しみを無理に忘れようとしたり、
悲しみを無理やり楽しかった思い出に変換して、
悲しくないふりをし続けるという事ではありません。
(ガンガンポジティブ^^;)
また「かわいそう」と嘆き続ける事でもありません。
(ガンガンネガティブ)←某携帯のパクリです。

私たちACは、過去に失った時間(喪失)があまりにも多い。

喪失から立ち直るためには時間が必要です。

衝撃(失う・または失ったことに気づく)

自分の感情を抑圧する

怒り・罪悪感

思慕(同じものを探し求める)

迷い・慢性的な悲しみ・引き戻し(手に入れられない事による迷走)

転機・事実を受け入れる

大まかに言えば、こんな感じかもしれません。


ACの根源的な問い・・・私はなぜ、生きなければならないのか?

答えはないのかもしれません。。。


失った悲しみを抱きつつ、人生を生きていく覚悟が出来た時

過去の亡霊から解き放たれるのかもしれません。

そして、失った嘆きを 誰かと一緒に共有し続けることで

1人で抱える荷物もまた、少なくなるでしょう。

失ったもの同士だからこそ 共有出来る事もあるのです。



人生は、悲しみも、苦しみも、憎しみも、醜さも、後悔も、失敗も

そして、喜びも、楽しみも、美しさも、成功したことも、感謝も・・・

すべての事実を受け入れて、胸に抱きながら生きていくものかもしれません。

だからこそ、1人1人の人生のドラマは、愛しく、切なく、そして

空に輝く星のように 燦々ときらめいて見えるのでしょうね。


りんりん
別窓 | 回復のやじるし | コメント:2 | トラックバック:0
歩いていこう 徒然
2011-10-15 Sat 02:54
珍しく、私ことです。

ブログを始めて、6年たちました。
タイトルは、最初から「歩いていこう」じゃなかったんですね^^

ブログを作る時、最初、どんなタイトルがいいか、かな~り悩みました。

候補として、「風に向かって」「風に吹かれて」なんて~のもありました。
始めたころは、「風」というより「嵐」の真っ最中だったのですが~(*_*)
風に吹かれても、桶が、飛ばないように・・・ちゃいますね。
向かい風に向かって進みたい!という力が入ったイメージが強くありました。

結局、新しく人生を切り替えたい思いで
「はじめの一歩」という題名を1週間ほどつけていました。

それも自分にフィットしない感じがして
後ろにも下がらないけど、とりあえず前むいていこう~という感じの
ゆるっとした感じが気にいって「歩いていこう」にしました。

ブログをはじめて、最初は1人で歩いていましたが、
次第に色々な方と一緒に歩かせてもらうようになりました。

分岐点では、仲間と別れたり、新しい出会いもあったりもしました。
旅は道連れ、世は情け。一期一会の出会い。

辛い時は「歩いていこう」と自分に言い聞かせてもいました。

ぱっと見何を書いているブログか わからないのが難点ですが・・・
”「歩いていこう」不登校”
で検索して下さる方もいるようで有り難く思います。

思い入れがあるブログタイトルなので、これからも「歩いていこう」と一緒に
私もまた、成長していきたいと思います。

別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
【アダルトチルドレン】怒りの奥にある本当の意味
2011-10-14 Fri 06:11
怒りの扱い方は、とても難しい。
「怒りを出しましょう」とも言われるが、
出してもすっきりしないということもよくあります。

また、抑圧された感情を抱える方たちにありがちなのは
「怒りの本当の意味」を違えてしまうことも多いかと思います。

怒りを上手に味わい、感じるには、
自分への洞察力が必要になるかと思います。

たとえば、誰かに話しかけた時に、無視をされたとします。
そうすると、無視した相手に当然、怒りを感じます。

「私のことを無視して、とんでもない人だ!!」
「謝ってほしい!」
「信じられない!」「非常識な人だ」

そんなことを思います。もっともらしい理由ですね。
これが、外向きの怒りの方向性です。
「私には、怒る正当な理由があるんだ!」とばかりに
過去で抑圧された感情が、今起こっているきっかけで表出します。


その怒りの本当の意味を探っていきますと、

「私の事を嫌いなのかもしれない」
「何か、気に障ることを言ったかな?」
「今度無視されたら、どうしょう」(先読み不安)
「ああ、どうしよう」(怯え)
「怖い」
「責められた感じ」

などの、自分のプライドに関わる問題かもしれません。
しかし、怒りに隠された本当の気持ちを隠すために、
他者に、怒る大義名分を作りだしてしまうこともよくあることです。

怒りの本当の意味を隠したまま、
怒りを表現しても 気持ち悪さだけが残っていきます。

怒りを感じた時に、なぜ怒りを覚えたのか
じっくりと自分と向かい合うことが必要だと感じます。

そうすると、本当は、自分の過去の問題だったり、
無意識の恐怖や不安だったりすることが、ほとんどです。

過去の人生で起こった、
理不尽さ、ないがしろにされた感、罪悪感、無価値さ、
自己肯定感の低さ、劣等感、プライドの高さ、あるいは、
融通の利かなさ、虚無感、自分はOKでない、自信のなさ
などの思いこみに起因しているかもしれません。

現在あなたが感じている怒りは、
過去の嫌な出来事に起因しています。
無意識ではあるけれど、何かのきっかけで
似たような出来事が起こり
過去の解消されない怒りが引き出され、これを何度も
経験しているだけなのですね。

もし、我慢がならず、「他力本願、他者丸投げ状態」で、
相手に怒りを投げてしまったら、トゲは必ず自分に戻ってきます。
トゲが戻ってきたら、また、自分を守るために
さらに強固な言い訳を作って行かなければなりません。
さらに、複雑な思考の回路を作っていくことになります。

怒りを感じ尽くすという本当の意味は、他者依存的ではなく、
自分の心の内側に向けて、自分を見つめていくことだろうと思います。

心に深い傷を持っている方たちには、非常に難しい感覚だろうとは思います。
私も長年、この感覚が、さっぱりわからず^^;
さまよっていたと思いますが、感覚は自分で掴むしかないのです。

すぐに答えは出るものでもありません。
答えの出ない問題を持ちこたえる自力もまた必要かもしれません。

心の回復は、一気に高みに昇る事はできません。
地道に、一歩ずつですね。
別窓 | AC関連 | コメント:0 | トラックバック:0
BACK | 歩いていこう | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。